また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【賞いろいろ】講談社エッセイ賞に小泉今日子「黄色いマンション 黒い猫」と穂村弘「鳥肌が」

 紹介がちょっと遅くなりましたが第33回講談社エッセイ賞に小泉今日子さんの「黄色いマンション 黒い猫」、そして、穂村弘さんの「鳥肌が」が選ばれました。パチパチパチ。キョンキョンのエッセイは読んでいて、感想を載せています。こちら。

続きを読む

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.7/5週)

 さてさて、出た本。オードリーの若林正恭「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」が気になってます。東京からキューバに逃亡?した彼の書き下ろしエッセイ。表紙の写真もいいなぁ。「ほぼ日」で連載中のインタビューも楽しいです。

 


 出る本。先月1・2巻が出た「鹿の王」、完結編の3・4巻(7/25)が出ます。書評はこちら。この小説はおすすめです!!

 

 

 

 

 そして、椎名誠「家族のあしあと」(7/26)、シーナ少年が海辺の町で大家族と過ごした幼い日々の話。「岳物語」前史にあたる私小説シリーズ、期待です。

 

 もう一冊。「ありがとう、うちを見つけてくれて 「この世界の片隅に」公式ファンブック」(7/28)出ますよぉ。アマゾンの紹介文を引用してみますね。

 

続きを読む

【書評】原田マハ「リーチ先生」-これは芸術を志す名も無き人へのエールでもある

 原田マハはこの物語で小説家としてさらに大きく成長した。「本日は、お日柄もよく」のようなちょっと軽めの現代小説が書けて「楽園のカンヴァス」や「暗幕のゲルニカ」のようなアートエンタテインメントもモノにしてきた彼女だが、「リーチ先生」は本格的なアート小説といっていい。


 バーナード・リーチ、多くの人が名前を知っているが、その功績や影響は意外と知られていない人物だ。20世紀の初めにリーチ青年は幼い日を過ごした日本に1人でやって来る。日本の文化や芸術をもっと学び、西洋と東洋の架け橋になるという大志を抱いて。彼は革新的な考えを持った白樺派の面々と交流することで大きな刺激を受け、さらに「陶芸」と出会い、そのおもしろさにのめり込んでいく。

 

続きを読む

ブイヨンのお母さんルーシー、16歳9ヵ月で…。

 「ほぼ日」の糸井さんの愛犬ブイヨンは生まれた時はニコでした。ニコ、サンコ、ヨンコ、3姉妹の長女。そんな三匹も今年7月15日に14歳になりました。そして、彼女たちのお母さんルーシー、彼女はそのちょっと前、7月6日の朝に息を引き取ったそうです。16歳と9ヵ月…長生きでしたね。最後の3年は病気との闘いだったようですが…。ルーシーの人間のお父さんイワサキユキオさんからの報告はこちらです。

 

ほぼ日刊イトイ新聞 - Say Hello! あのこによろしく。

 

 うちもひなた(女の子10歳)というジャックラッセルテリアを飼っているのですが、すべてはこの本、というか、「ほぼ日」での「Say Hallo!」の連載から始まっているのです。お母さんのルーシーのもと三匹の子犬が育っていく様子を綴ったこの連載を読んでわが家もジャックを、と思い…。というわけで、ルーシー、がんばったね。ありがとうね。「Say Hallo!」、上のリンクの左一番上「Say Hallo! ウェブ版一気読み!」で連載分は全部読めます。ずいぶん昔に書いた本の感想を載せておきます。

 

続きを読む

【BOOK NEWS】芥川賞「影裏(えいり)、7月28日発売決定!「激しい対立があった」と髙樹選考委員

 昨日の発表の時点ではアマゾンなどにもあがっていなかったのですが、7月28日発売が決定しました。これはちょっと興味あるストーリーですね。

 

 選考委員の会見はいつも産経ニュースが詳しいのですが、今回、芥川賞では「ほとんどケンカ状態の激しい対立があった」らしいです。会見した高樹のぶ子さんは賛成だったようですが、1人反対した委員がいたとか。ふふふ、おもしろい。詳しくはこちらを。

 

続きを読む