また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.12/4週)

まずは出た雑誌。「BRUTUS」最新号、特集「危険な読書」出ました。これ、シリーズ化していますね。3冊目か。毎年読んでいますが、なかなかおもしろいです。「人生変えちゃうかもしれないあの1冊」というフレーズが表紙に入っていますが、いろんな出会いが…

【コミック】「谷口ジロー 描くよろこび」-これは谷口ジローファンならば絶対に持っておきたい1冊!

谷口ジロー (コロナ・ブックス) posted with ヨメレバ コロナブックス編集部 平凡社 2018-10-24 Amazonで探す Kindleで探す 楽天ブックスで探す フランスを中心に欧州でも人気があるコミック作家谷口ジロー。これは彼のファンならば絶対に持っておきたい、平…

【BOOK NEWS】小野不由美「十二国記」新刊、第一稿完成。400字×約2500枚の大巨編。2019年発売へ!

「十二国記」の公式フェイスブックにこんな記事が!待ちましたねぇ、待ちましたねぇ、待ちましたねぇ。未読の人はなんのこっちゃとお思いでしょうが、「十二国記」という物語は死ぬならこれを読んでから!というぐらいの大傑作ファンタジーノベル。その昔、…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.12/3週)

さてさて、出る本。今週は文庫化2冊です。1冊目は小川洋子の「琥珀のまたたき」(12/14)。母親によって別荘に閉じ込められた子供たちの話。小川洋子ワールド全開の物語です。こういう世界が好きな人はぜひ!まずは僕の書評を読んでみてください。 琥珀の…

【書評】塩田武士「歪んだ波紋」-それは「誤報」か「虚報」か?マスメディア、ネットメディアの未来は?

歪んだ波紋 posted with ヨメレバ 塩田 武士 講談社 2018-08-09 Amazonで探す Kindleで探す 楽天ブックスで探す 「罪の声」であのグリコ・森永事件の闇に切り込んだ塩田武士。この連作短編集でテーマにしたのは「誤報」だ。5つの物語の舞台になるのは地方新…

【映像化】角田光代の傑作「坂の途中の家」がWOWOWで来春ドラマに。主演は柴咲コウ!!

坂の途中の家 (朝日文庫) posted with ヨメレバ 角田光代 朝日新聞出版 2018-12-07 Amazonで探す 楽天ブックスで探す 文庫化をお知らせしたばかりの角田光代さんの傑作「坂の途中の家」が、WOWOWで連続ドラマになります。おぉぉぉぉ!主演は柴咲コウさん。主…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.12/1-2週)

出た本。沢木耕太郎の「作家との遭遇ー全作家論ー」出てました。9月に出た「全エッセイ」と似た装丁なのでこういうのがもう少し出るのかな?紹介されている23人の作家は以下の通り。ちょっと気になる! 井上ひさし、山本周五郎、田辺聖子、向田邦子、塩野七…

【ドラマ】「脚本家 坂元裕二」-これを読めば坂元裕二と彼のドラマのすべてがわかるっ!!!

脚本家 坂元裕二 (-) posted with ヨメレバ ギャンビット ギャンビット 2018-10-11 Amazonで探す 楽天ブックスで探す 「それでも、生きていく」「Mother」「いつかこの恋を思い出して泣いてしまうだろう」「カルテット」「anone」などの脚本家・坂元裕二と彼…

【絵本】人形絵本「あめだま」作家ペク・ヒナ×長谷川義史、必読のトークイベントレポート!!

あめだま posted with ヨメレバ ペク ヒナ ブロンズ新社 2018-08-23 Amazonで探す 楽天ブックスで探す このブログでも紹介した韓国の人形絵本作家ペク・ヒナさんと訳者でもある絵本作家・長谷川義史さんのトークイベントのレポートが出版社であるブロンズ新…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.11/5週)

ブログ、ちょっと間があいてしまいました。すみません。さて、出た雑誌。「芸術新潮」12月号。特集が「これだけは見ておきたい2019年美術展ベスト25」。去年も同様の特集をやりましたが、これはちゃんと読んで来年の計画を練っておきたいところ。クリムト展…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.11/4週)

あ、先週は書かなかったなこれ。個人的にアンテナに引っかかるのが少ないです。さて、今週の出る本。ちょっと前に紹介した上橋菜穂子の守り人シリーズ外伝「風と行く者」(11/19)、ハードカバーと軽装版2種類で出ます。ハードカバーには初回限定で特典が付…

【ドラマ】再放送!「満願」シリーズ「夜警」は今夜、「プロフェッショナル 仕事の流儀 脚本家・坂元裕二」は明日

満願 (新潮文庫) posted with ヨメレバ 米澤 穂信 新潮社 2017-07-28 Amazonで探す Kindleで探す 楽天ブックスで探す 史上初めてミステリー3冠に輝いた米澤穂信の短編集「満願」の中から「万灯」「夜警」「満願」が選ばれ、今年8月に放送されたこのドラマ…

【コミック】谷口ジロー「犬を飼う そして…猫を飼う」-愛犬の死、そして愛猫の出産、その生と死の対比が見事!

犬を飼う そして…猫を飼う (コミックス単行本) posted with ヨメレバ 谷口 ジロー 小学館 2018-06-29 Amazonで探す Kindleで探す 楽天ブックスで探す 過去に出た「犬を飼うと12の短編」の一部を抜粋し、エッセイを加えて再編集した新装版。元本は読んでいな…

【ドラマ】お見逃しなく!11月12日、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀 脚本家・坂元裕二」放送!

おぉ「Mother」「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」「カルテット」「anone」などの脚本家、坂元裕二さんが明日の「プロフェッショナル 仕事の流儀」に登場します。NHK総合22時25分から23時10分までです。これは本当に楽しみ!!内容をNHKのサイ…

【賞いろいろ】第1回「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」は角幡唯介「極夜行」に決定!

極夜行 posted with ヨメレバ 角幡 唯介 文藝春秋 2018-02-09 Amazonで探す Kindleで探す 楽天ブックスで探す 聞き慣れない賞ですが、あの「本屋大賞」に新設されたノンフィクション本のための賞です。Yahoo!ニュースは去年から「本屋大賞」にメディアパート…

【文学賞】野間文芸賞は橋本治「草薙の剣」。新人賞に乗代雄介「本物の読書家」、金子薫「双子は驢馬に跨がって」

草薙の剣 posted with ヨメレバ 橋本 治 新潮社 2018-03-30 Amazonで探す Kindleで探す 楽天ブックスで探す 講談社の「野間賞」、第71回の各賞受賞者が決まりました。野間文芸賞は橋本治さんの「草薙の剣」。今年3月に新潮社から出た小説です。橋本さんの本…

【書評】糸井重里/古賀史健「古賀史健がまとめた糸井重里のこと。」-糸井重里という人間に興味がある人ならぜひ!

古賀史健がまとめた糸井重里のこと。 (ほぼ日文庫) posted with ヨメレバ 糸井重里,古賀史健 ほぼ日 2018-06-06 Amazonで探す 楽天ブックスで探す まず薄いことに驚いた。こんなに薄いのか!「あとがきにかえて」という糸井さんの文章の中にこのインタビュー…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.11/2週)

出た本。角田光代「源氏物語 中」出ました。池澤夏樹編集・日本文学全集の中の注目作です。え〜っと、私、上巻買いました。書いましたが、途中で挫折。積ん読本の上で寂しくしております。ううむ。読んでておもしろいなと感じるところはたくさんあるのだけど…

【映像化】中島京子「長いお別れ」映画化。監督は「湯を沸かすほどの熱い愛」の中野量太、おぉぉぉぉ!

長いお別れ (文春文庫) posted with ヨメレバ 中島 京子 文藝春秋 2018-03-09 Amazonで探す Kindleで探す 楽天ブックスで探す 「小さいおうち」で直木賞を受賞した中島京子の「長いお別れ」が来年映画になります。原作は読んでるのですが、認知症になった男…

【BOOK NEWS】上橋菜穂子「守り人」最新作と「鹿の王」新作の発売決定!アニメ化企画も進行中です

これはまたまたうれしいニュース!まずは11月19日発売予定の「守り人」シリーズの新作、タイトルは「守り人外伝 風と行く者」。偕成社からハードカバー版と軽装版2種類が出ます。なんとシリーズ最大446ページの大長編。アマゾンからストーリーを引用してみ…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.10/5週-11/1週)

さて、出た本。「宮部みゆき全一冊」、出てました。超ロングインタビューや未収録短編、エッセイ、作家生活&全作品年表などなど盛りだくさんの内容。ただこれは「小説新潮」2017年6月号を元に作られているので雑誌を持っている僕はちょっと二の足を踏む。ど…

【文学賞】第9回山田風太郎賞の受賞作は、真藤順丈「宝島」!!これはなんだかとてもおもしろそう!

宝島 posted with ヨメレバ 真藤 順丈 講談社 2018-06-21 Amazonで探す Kindleで探す 楽天ブックスで探す おぉぉ、候補5作のうちで一番気になっていた真藤順丈「宝島」が受賞。なんだか嬉しいです。真藤さん、パチパチパチ!なんで気になったかと言うと、ア…

【映像化】直木賞、本屋大賞W受賞の恩田陸「蜜蜂と遠雷」、松岡茉優主演でついに映画化。来年秋公開予定!

蜜蜂と遠雷 posted with ヨメレバ 恩田 陸 幻冬舎 2016-09-23 Amazonで探す Kindleで探す 楽天ブックスで探す 恩田陸の傑作、直木賞と本屋大賞をW受賞した「蜜蜂と遠雷」の映画化が発表になりました。映像化されるといいな、と僕も思ってはいましたが、原作…

【絵本】今夜の「情熱大陸」に絵本作家ヨシタケシンスケさん登場!!

おぉぉぉぉ、これは見るぞ。録画するぞ。このブログでも何度も紹介している絵本作家のヨシタケシンスケさんが今夜23時25分から放送のTBS系「情熱大陸」に登場します。予告編はこちら!(追記10.23ー終了後再生できなくなったようです) 「情熱大陸」のサイト…

【BOOK NEWS】辻村深月×映画ドラえもん、辻村さんがなんと初脚本を担当。さらに完全書き下ろし小説版も!!

『映画ドラえもん のび太の月面探査機』のティザービジュアル (C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019 直木賞作家で「かがみの孤城」で今年の本屋大賞も受賞している辻村深月がなんと映画版ドラえもんの脚本を担当、というビッグニュースが…

【文学賞】第9回山田風太郎賞候補作5作が決まりました!

過去1年間(毎年9月1日から翌年10月1日までの期間)に出た小説の中でジャンルを問わず最もおもしろいと評価された本に贈られる山田風太郎賞。山田風太郎は大好きだったので毎年注目している賞です。 過去には窪美澄「晴天の迷いクジラ」、佐藤正午「鳩の撃…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.10/3週)

出る本。三崎亜記「30センチの冒険」(10/14)。彼には「となり町戦争」「バスジャック」「失われた町」「鼓笛隊の襲来」など印象的な長編や短編集がある。独自の世界を切り拓いてる感じがして好きだったのだけど、最近は読んでいない。でもこれはちょっと気…

【書評】村田沙耶香「地球星人」-ここまでいっちゃう村田沙耶香という小説家が恐ろしい!

地球星人 posted with ヨメレバ 村田 沙耶香 新潮社 2018-08-31 Amazonで探す 楽天ブックスで探す これ、とんでもないなぁ。とんでもないというのは、すごい小説だということももちろんあるのだけど、なんだかとてつもなくてよく分からないという意味合いも…

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.10/2週)

今週は出る本2冊。どちらも非常に気になります。1冊目は「雪の鉄樹」「オブリヴィアン」で大注目の遠田潤子の新作長編「ドライブインまほろば」(10/11)。遠田ワールドの古めかしさはけっして好きではないのだけど、なんだかグイグイと引き込まれちゃうん…

【絵本】第9回リブロ絵本大賞は苅田澄子/ 中川学「だいぶつさまのうんどうかい」に決定!

だいぶつさまのうんどうかい posted with ヨメレバ 苅田 澄子 アリス館 2017-08-25 Amazonで探す 楽天ブックスで探す リブロ絵本大賞はリブロ・よむよむ・パルコブックセンターの児童書担当者が選ぶ「最もおすすめしたい絵本」。2017年8月から2018年7月まで…