また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

■か行の作家-川上弘美

【書評】川上弘美「大きな鳥にさらわれないよう」-地球の歴史を俯瞰しているような深くて大きな物語

連作短編ということでいいのだろうか。それぞれの物語はゆるやかに、しかし、緊密につながっている。この星の遠い遠い未来に始まって、さらに遠い遠い未来で終わる物語。人間由来よりも鼠由来やカンガルー由来、イルカ由来の子供たちが数多く工場で作られて…

【書評】川上弘美「水声」-家族とは?という問いと人ひとりの孤独の深さ

水声川上 弘美 文藝春秋 2014-09-30売り上げランキング : 253844Amazonで詳しく見る by G-Tools 様々な思いが立ち上ってくる不思議な小説だ。主人公である都がマ マが死んでから10年間無人だった家に弟の陵と戻って来るところか ら物語は始まる。彼女たち…

【書評】川上弘美「これでよろしくて?」-人間関係の中で感じる「小さな戸惑い」、それって全然OKなのよ

これでよろしくて? posted with ヨメレバ 川上 弘美 中央公論新社 2009-09 Amazon 楽天ブックス 昨秋出た本なのですが、なんだか軽い感じなのでスルーしちゃった人も多いかもしれませんね。でもこの川上弘美の小説、意外や意外の大傑作。いやぁ~驚いた。小…