また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

■は行の作家

【書評】原田マハ「アノニム」-ジャクソン・ポロック幻の傑作がオークションに。落札からの展開にドキドキ!

アノニム posted with ヨメレバ 原田 マハ KADOKAWA 2017-06-02 Amazon Kindle 楽天ブックス 「楽園のカンヴァス」「暗幕のゲルニカ」に連なる原田マハのアート・エンタテインメント。今回はモダンアートの天才ジャクソン・ポロックの絵がテーマだ。香港で幻…

【書評】原田マハ「リーチ先生」-これは芸術を志す名も無き人へのエールでもある

リーチ先生 posted with ヨメレバ 原田 マハ 集英社 2016-10-26 Amazon Kindle 楽天ブックス 原田マハはこの物語で小説家としてさらに大きく成長した。「本日は、お日柄もよく」のようなちょっと軽めの現代小説が書けて「楽園のカンヴァス」や「暗幕のゲルニ…

【映像化】誉田哲也「プラージュ」、星野源主演でWOWOWで今夏ドラマ化!

プラージュ posted with ヨメレバ 誉田 哲也 幻冬舎 2015-09-17 Amazon Kindle 楽天ブックス 誉田哲也のミステリー「プラージュ」がこの夏WOWOWで連続ドラマになります。前科者など訳アリの厄介者たちが集まるシェアハウスを舞台にした再生の物語、タイトル…

【書評】原田マハ「本日は、お日柄もよく」-折々のスピーチが主人公の仕事を見事に浮き彫りに!

本日は、お日柄もよく (徳間文庫) posted with ヨメレバ 原田マハ 徳間書店 2013-06-07 Amazon Kindle 楽天ブックス 昨年末買ったこの小説の文庫の帯には30万部突破と書いてあった。調べてみると、単行本は2010年8月の発売で1万部。2013年に文庫化されて初…

【BOOK NEWS】原田マハさんの仕事-アート小説連載2題

原田マハさんのアート小説が好きで必ず読んでいます。去年の「暗幕のゲルニカ」はマイベストの7位に入りました。とはいっても、けっこう刊行ペースが早い人なので、バーナード・リーチを主人公にした「リーチ先生」と「デトロイト美術館の奇跡」はまだ読ん…

【書評】ひこ・田中「ハルとカナ」-たくさんの「初めての気持ち」を描いて心揺さぶられる物語

いやいやいや、これは傑作だ。大好きなヨシタケシンスケが表紙と挿絵を描いているので読んだのだが、こんな作品を書くひこ・田中という人を知らなかった不明を恥じている。相米慎二監督が映画化した「お引越し」は彼の作品だ。同じく映画化された「ごめん」…

【書評】東山彰良「流」-フツーにおもしろい小説だ。それ以上でも以下でもない。

流東山 彰良 講談社 2015-05-13売り上げランキング : 818Amazonで詳しく見る by G-Tools これはフツーにおもしろい小説である。「二十年に一度の傑作(北方 謙三)」でも何でもないし「十五年間で一番幸せな選考会でした(林真 理子)」なんて言われても困っ…

【書評】馳星周「ソウルメイト」-これは人と犬との深い絆を描いた物語

ソウルメイト馳 星周 集英社 2013-06-05売り上げランキング : 48188Amazonで詳しく見る by G-Tools 登場する犬の名を付けた7つの物語からなる短編小説集だ。チワワ、 ボルゾイ、柴、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク、ジャーマン・シ ェパード・ドッグ、…

【アンソロジー】窪美澄・原田マハ他「恋の聖地」-恋愛短編って難しい。7人の女流作家による競作

恋の聖地: そこは、最後の恋に出会う場所。 (新潮文庫)原田 マハ 千早 茜 窪 美澄 三浦 しをん 柴門 ふみ 大沼 紀子 瀧羽 麻子 新潮社 2013-05-27売り上げランキング : 97849Amazonで詳しく見る by G-Tools 全国にある「恋人たちの聖地」を舞台にした7人の…

【書評】原田ひ香「母親ウエスタン」-いやいやいや、これはとんでもない!

母親ウエスタン原田 ひ香 光文社 2012-09-15売り上げランキング : 76370Amazonで詳しく見る by G-Tools いやいやいやぁ、これはおもしろいなぁ。こういう小説を書く女性作 家がいることに僕は喜びを感じる。素晴らしい!とはいえ、この小説、 いったいどこま…

【書評】古川日出男「ベルガ、吠えないのか?」戦争の世紀=20世紀を犬たちの生涯と重ね合わせる一大クロニクル

ベルカ、吠えないのか? (文春文庫)古川 日出男 文藝春秋 2008-05-09売り上げランキング : 12611おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 職業柄なのか本のタイトルには敏感に反応してしまう。書名がいいだ けで、これはひょっとして、と思ってしまうのだ…

【書評】平松洋子「焼き餃子と名画座」-店も料理も文章もおいしい!

焼き餃子と名画座 わたしの東京 味歩き posted with ヨメレバ 平松 洋子 アスペクト 2009-09-30 Amazon 楽天ブックス 料理評論家でエッセイストの平松洋子、彼女が書く食のエッセイはまさに絶品。読み終わる前にあの店、この店に行きたくなるっ! テンポがい…