また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

■文学賞-ドゥマゴ文学賞

【文学賞】ドゥマゴ文学賞に中村文則「私の消滅」

毎回、1人の選考委員によって選ばれる「Bunkamuraドゥマゴ文学賞」。このシステムが気に入っています。今年の選考委員はロシア文学者の亀山郁夫さん。そして、第26回の今回は、中村文則さんの話題作「私の消滅」が選ばれました。パチパチパチ! 私の消滅 po…

【文学賞】 Bunkamuraドゥマゴ文学賞に武田砂鉄「紋切型社会」!

紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす武田 砂鉄 朝日出版社 2015-04-25売り上げランキング : 409Amazonで詳しく見る by G-Tools 毎回言いますが、この賞のおもしろいところは毎年審査員が変わり、その一人の審査員が受賞作を決めるところ。ことしの審査…

【文学賞】ドゥマゴ文学賞は山浦玄嗣「ナツェラットの男」

ナツェラットの男山浦 玄嗣 ぷねうま舎 2013-07-24売り上げランキング : 54011Amazonで詳しく見る by G-Tools 毎年、「ひとりの選考委員」によって選ばれるドゥマゴ文学賞。今年は詩人の伊藤比呂美が選考委員だったので、ま、普通の小説は選ばれないだろうと…

【文学賞】「ドゥ マゴ文学賞」は恩田侑布子「余白の祭」。

余白の祭恩田侑布子 深夜叢書社 2013-03売り上げランキング : 66904Amazonで詳しく見る by G-Tools 選考委員が一人、っていうのが何とも楽しいBunkamuraの「ドゥ マゴ文学賞」。今年の選考委員は松本健一さん。そして、選ばれたのが、恩田侑布子さんの現代芸…

【文学賞】「ドゥマゴ文学賞」は金原ひとみ「マザーズ」

マザーズ金原 ひとみ 新潮社 2011-07売り上げランキング : 7958Amazonで詳しく見る by G-Tools 昨日発表された「Bunkamuraドゥマゴ文学賞」は金原ひとみさんの「マザーズ」に決まりました。おぉ、パチパチパチ!なんか賞が発表されても、自分が読んでないと…