また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

■落語

【落語】吉川潮『江戸前の男』-粋を貫き通した落語家春風亭柳朝の生涯

江戸前の男―春風亭柳朝一代記 (新潮文庫) posted with ヨメレバ 吉川 潮 新潮社 1999-03 Amazon Kindle 楽天ブックス 「江戸前の男」の主人公は落語家の春風亭柳朝。え~と、そう春風亭小朝の師匠である。かっこつけたがりだけど照れ屋で、野暮ったいことが…

【落語】中野翠「今夜も落語で眠りたい」-この新書の紹介CDをぜ〜んぶ聴きたい!

志ん生と馬生・志ん朝の親子、桂文楽への偏愛ぶりがうれしい。 今夜も落語で眠りたい (文春新書)中野 翠 文藝春秋 2006-02-20売り上げランキング : 111832おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 落語にだって批評家とか専門家とか、いろいろいるが、こ…

【落語】古今亭志ん朝「世の中ついでに生きてたい」-父志ん生の思い出から落語論まで多彩な話題!

世の中ついでに生きてたい古今亭 志ん朝 河出書房新社 2005-09-10売り上げランキング : 163182おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 2001年に亡くなった古今亭志ん朝さんの対談集だか、この本には泣かされた。対談の相手は山藤章二、金原亭馬生、結城…

【落語】立川談志×吉川潮「人生、成り行き」-家元が破天荒なその半生を素直に話している喜び

聞き手は吉川潮、気を許した相手だからこその話が満載。 人生、成り行き―談志一代記立川 談志 吉川 潮 新潮社 2008-05売り上げランキング : 90690おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools さて、先日紹介したのは落語家・立川談春の「赤めだか」だったが…

【落語】立川談春「赤めだか」-記憶力、観察力、表現力、すべてが一体となったスゴい文章。おもしろすぎるぞこれ!

赤めだか立川 談春 扶桑社 2008-04-11売り上げランキング : 6241おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 連載当時、あの北上次郎が「あらゆる雑誌の連載の中でいまいちばん面白い」とほめちぎり、福田和也が「プロの書き手でもこの水準の書き手はほとん…