また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【書評】森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」-ここまで大風呂敷 を広げられるのはまさに才能だ!

「大学読書人大賞」っていうのがよく分からなくてそのままにしてたの

ですが、そうかぁ、大学の文芸部の部員が選んだ「大学生に読んで欲し

い本」なのね。公開討論で決めるっていうのもなかなかおもしろい。ホ

ームページもちゃんとありました。ここです。では、僕の感想を!!

 

最初は???、でも、しだいにしだいに盛り上がり…。

 

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) 夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

角川グループパブリッシング 2008-12-25
売り上げランキング : 325
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 全四章のこの小説、一章を読み始めたら文法的にもヘンな言い回しが

少々あり、え~なんでこれが山本周五郎賞?って絶望したのだが、いや

いやいや、二章からグイグイと盛り返して、最終的にはかなりおもしろ

く読めた。う~む、なかなかいいんじゃないの!でも、こういうファン

タジー小説、よく山本周五郎賞に選んだな。お~本屋大賞でも2位にな

っていたのか。そして、今回は「大学読書人大賞」。これはけっこうわ

かりやすいが。

 

 さて、この小説、京都を舞台にした恋愛ファンタジー、なんて言えば

手っ取り早いが、それだけではちょっとすまない。作者がこの物語を通

して描く恋や街や人々のイメージはかなりポップで、ここまで大風呂敷

を広げられるのはまさに才能だ。学園祭の大騒動は神出鬼没の「韋駄天

こたつ」だとかゲリラ演劇「偏屈王」だとか、ヘンなヤツらの登場でや

たらと盛り上がるし、京都の冬を急襲した恐ろしい風邪、そして風邪の

神様が巻き起こす巨大な竜巻と大団円もかなりのもの。はてさて、可憐

な乙女と先輩の恋はどんな結末を迎えるのか?独特の語り口が魅力なの

で映像化を疑問視する声もあるが、僕はこれ映像にすると楽しいと思う。

映画やドラマでぜひぜひ見てみたい。

 

ランキングに参加してます。押してくれると本人激しく喜びます!!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村