また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【書評】米村圭伍「風流冷飯伝」-舞台は四国風見藩、男は城を左回り、女は城を右回り???

 

風流冷飯伝 (新潮文庫) 風流冷飯伝 (新潮文庫)

新潮社 2002-03
売り上げランキング : 243769
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 時代小説はそれほど読まない。司馬遼太郎などのいわゆる「歴史小

説」は大体、挫折。好きなのは池波正太郎と隆慶一郎、この2人はま

だまだ未読本も多いのでこれからさらに楽しめそうだ。さて、米村圭

伍の『風流冷飯伝』である。これは僕好みのエンタメ時代小説、しか

もユーモアあふれる大快作、大娯楽作だ。

 

 時は宝暦十四年、十代将軍家治の治世。所は四国讃岐の風見藩。も

ちろん、これは架空の藩なのだが、ここがとんでもない所。先々代藩

主の定めとかで、男は城を左回りに、女は城を右回りに回らなくちゃ

ならない。好きな女の後も追えなければ、目的の場所がすぐそこでも、

回りが逆なら城を一周しなければならない。そんなアホな!さらに、

武士は頬かむりをしてはいかんとか、家長と長男は囲碁・将棋を嗜ん

ではいかんとかヘンな決まりがいろいろある。

 

 そんな変わった場所に、江戸吉原の調子のいい幇間(たいこ持ち)

がやってきたから、さぁ大変。ピンクの羽織なんぞを引っ掛けヒマを

持て余してる冷飯共(武家の次男、三男のこと)と仲良くなり、大騒

動を巻き起こす。一八という名のこの幇間、実は別の顔があって…。

というわけで、最後は、藩の命運を担う一大事に加担することになり

田沼意次が待つ江戸へ。驚き?の大団円へと突き進むのだ。

 

 とにかく、この小説、軽妙洒脱な文章がいい。軽いけど、お気軽じ

ゃないところもうれしい。しかも、米村圭伍は文章が巧い。結末が気

になって、先へ先へと読まずにはいられない。これは「退屈姫君伝」

「面影小町伝」と続くゆるやかな三部作の第1作。このシリーズ、テ

レビドラマにも映画にもなると思うのだが。どこかでやらないかなぁ。

 

退屈姫君伝 (新潮文庫)
4101265321
  面影小町伝 (新潮文庫)
410126533X

◎応援クリックぜひ1つお願いします。他の書評も探せます!

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

人気ブログランキングへ