また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【書評】立川談春「赤めだか」-記憶力、観察力、表現力、すべてが一体となったスゴい文章。おもしろすぎるぞこれ!

 

赤めだか 赤めだか
立川 談春

扶桑社 2008-04-11
売り上げランキング : 6241
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 連載当時、あの北上次郎が「あらゆる雑誌の連載の中でいまいちばん

面白い」とほめちぎり、福田和也が「プロの書き手でもこの水準の書き

手はほとんどいない」とまで言ったこの才能!落語家立川談春の「赤め

だか」、いやぁ、とにかくおもしろい。たぶん、何度読んでも引き込ま

れるだろう。こういう本はめったにない。

 

 さて、談春といえば立川談志の弟子。この「赤めだか」は、彼が談志

の元に入門し、前座生活をへて、真打ちになるまでを描いた自伝的な物

語だ。おもしろさ、っていうのにもいろいろあると思うがこの本の場合

は、著者の記憶力、観察力、表現力、そのすべてが一体となったような

「文章の底抜けのおもしろさ」、だろう。本人が何かで書いていたが、

入門時のことは談志がなんて言ったのか、そのすべてを記憶しているら

しい。そして、人を見る目の確かさ。これはもう怖いぐらいだ。兄弟子、

他の師匠、兄弟弟子はもちろんのことあの談志でさえ、グサッとやられ

ている。いやはやいやはや。

 

 ラスト近くの米朝とのエピソード、小さんと談志の話はちょっとすご

過ぎてドキドキする。まだまだ読みたいぞ、談春!!

 

◯「赤めだか」は2015年11月20日、扶桑社文庫で文庫化されました。

赤めだか (扶桑社文庫)
立川 談春
459407362X

◎応援クリックぜひ1つお願いします。他の書評も探せます!

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

人気ブログランキングへ