また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【落語】立川談志×吉川潮「人生、成り行き」-家元が破天荒なその半生を素直に話している喜び

聞き手は吉川潮、気を許した相手だからこその話が満載。

 

人生、成り行き―談志一代記 人生、成り行き―談志一代記
立川 談志 吉川 潮

新潮社 2008-05
売り上げランキング : 90690
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 さて、先日紹介したのは落語家・立川談春の「赤めだか」だったが、そ

んな弟子の本に負けないぐらいおもしろいのが彼の師匠、家元立川談志の

「人生、成り行き」だ。サブタイトルに「談志一代記」とあるように、少

年時代から現代まで自身のこれまでを忌憚なく話した「語りおろし」であ

る。聞き手は作家であり、立川流の顧問でもある吉川潮。気を許した相手

だからか、いつもだと照れてついつい毒舌を吐いたりする家元が、破天荒

なその半生をかなり素直に話しているのがうれしい。

 

 入門のこと、政治家になったこと、青島幸男とのこと、協会分裂のこと、

そして奥さんのことと話は尽きないが、談志という人も大変な人だなぁと

つくづく思う。こんな男めったにいない。物の本質がしっかり分かってい

て、それでいて、真っ当ではない生き方をする。かっこいい。というか、

かっこ良過ぎる。そんな男も奥さんの則子さんには頭が上がらない。彼女、

「お弟子が増えちゃって顔も名前も覚えられないわ。でもお弟子さんはあ

たしの顔を覚えるのよね」と言ったり、掃除がきらいで「だって、掃除っ

て、日本中のゴミをどこかに寄せてるだけでしょ」なんて言い放ったりす

るカワイイ女性だ。家元は彼女のことを「ノン君」と呼び、惚れきってる

様子で何とも微笑ましい。最後は立川流のエース「こやつが一番すぐれて

る」と家元が言う志の輔も交えての3人の対談。これがまたまたおもしろ

い。落語ファンならずとも夢中で読める一冊である。

 

◎「人生、成り行き」は2010年12月1日に文庫化されました。

 

人生、成り行き―談志一代記 (新潮文庫) 人生、成り行き―談志一代記 (新潮文庫)
立川 談志 吉川 潮

by G-Tools

 

◎応援クリックぜひ1つお願いします。他の書評も探せます!

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

人気ブログランキングへ