また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【書評】川上弘美の「夜の公園」-恋愛のドロドロではなく、心の襞の細部までしっかりと描く

 

夜の公園 (中公文庫) 夜の公園 (中公文庫)
川上 弘美

中央公論新社 2009-04
売り上げランキング : 33135
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 川上弘美の恋愛小説と言えば、ちょっと斜めな感じのシチュエーションが多く、それがなかなか良かったりするのだけど、「夜の公園」はちょっと違う。けっこう、まっすぐな物語だ。

 

 登場人物は、主人公の主婦リリ、彼女が好意を持つ青年の暁、リリの夫の幸男、幸男の不倫相手春名。リリと春名は親友だったりして、なかなか複雑だ。といっても、そこは川上弘美、確かにW不倫であるが、描かれているのはどろどろとした恋愛模様ではなく、彼ら四人の心の襞。その細部にまで入り込んでいく。そこで明らかになるのは、だれもが自分の心を持て余しているという事実。それでも彼女たちは人を愛し、人と交じり、日々を暮らして行く。その描写にウソを感じないのもさすがだ。「わたし、いったい今、どこにいるんだろう」「わたしいま、しあわせなのかな」「どうしてわたし、今ここにいるんだろう」と幾度となくひとりごちるリリ。不安定な中で何かを確かめるように。

 

 小説は各章ごとに視点が変わっていき、最終章ではそれが渾然一体となって最後のリリの独白にいきつく。ラスト、彼女の静かな覚悟が気持ちいい。

               

2010.7.12 さぁ~て、選挙も終りましたね。今回ほど誰に投票しようか悩んだ選挙はありませんでした。本音を言えば、白紙で投票したかった。ま、ちゃんと書いたけど…。つかこうへいさんが亡くなった。でも、つかさんの戯曲は永遠です。

 

◎応援クリックぜひ1つお願いします。他の書評へもここからどうぞ!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

人気ブログランキングへ