また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【ノンフィクション】千田善「オシムの伝言」-監督と通訳を越えた信頼関係から生まれた傑作!

 

オシムの伝言 オシムの伝言
千田 善

みすず書房 2009-12-23
売り上げランキング : 3288
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 191cmのオシムさんと小柄な千田通訳が笑顔で話している表紙の写

真がいい。この写真からだけでも監督と通訳以上の信頼関係がうかが

える。実は千田さん、プロの通訳ではない。セルビア・クロアチア語

を話せたからたまたまオシムさんの通訳になっただけで、実際は大学

の講師も務める国際ジャーナリスト。「ユーゴ紛争」なんて著書もあ

る。だから、この本はジャーナリストの目で書かれた監督オシム、人

間オシムのリポートなのだ。

 

 ここでは、オシムさんの監督就任から、病に倒れ、最終的に離日す

るまでの日々が語られる。もちろん通訳としての話もあるが一番の話

題はオシムさんその人だ。彼のサッカー人生、サッカー哲学、その人

柄などなど、いくつものエピソードをもとに語られるオシムという人

は僕らが感じている通り、卓越したサッカー理論を持ち、こまやかな

心配りと大きな心、そして、たぐいまれなるユーモア精神を持つイン

テリジェンスに富んだ人物である。千田さんのジャーナリストとして

の目がイビチャ・オシムという人間を的確に捉えている。後半3分の

1は初めて明かされる事も多い闘病の日々の記録だ。その時の家族、

妻のアシマさんや長男アマル氏の姿、覚醒してからのオシムさんの対

応が胸を打つ。すべてのサッカーファン、オシムファンにすすめたい

一冊だ。

 

公式サイトあり>>http://info.osimnodengon.com/

               ◯ ◯

 

2010.7.18 いやぁ、暑い。暑い梅雨が終ったら超暑い夏、いったい

どうなることやら。犬の散歩は夕方に1時間半弱。ジャックラッセル

テリアは運動量が多くてなかなか大変なのだ。あ、ブルータスの最新

号スタジオジブリ特集がなかなかいい。

 

◎応援クリックぜひ1つお願いします。他の書評へもここからどうぞ!

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

人気ブログランキングへ