また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【書評】E・アニー・プルー「シッピング・ニュース」-登場人物のキャラクターと厳しい自然を活写する作者の筆力が魅力

 

シッピング・ニュース (集英社文庫) シッピング・ニュース (集英社文庫)
E・アニー・プルー 上岡 伸雄

集英社 2002-02-20
売り上げランキング : 458188
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 ラッセ・ハルストレム監督が2001年に映画化した「シッピング・ニュース」、いや、ショッピングじゃないですよ、シッピング!「港湾ニュース」とでも訳せばいいのか。原作もかなり有名で94年のピュリッツアー賞を受賞している。

 

 ニューヨークに住む二流の新聞記者が妻に先立たれ、二人の娘と叔母と共に、先祖が住んでいたニューファンドランドに移り住み、人生をやり直す、という話だ。クオイルという主人公が、この土地の新聞「ギャミーバード」で担当することになったのが、シッピング(港湾)ニュースなのだ。この小説の魅力は、新聞社の同僚をはじめとする登場人物のキャラクターとニューファンドランドの厳しい自然、それを見事に活写する、女流作家E・アニー・プルーの筆力だ。

 

 物語全体でなにか大きな出来事が起こるわけではない。様々な小さな出来事の積み重ねの中で、クオイルは劣等感を払拭し、自信を取り戻し、子供との関係を修復し、本当の愛を知る。それを可能にしたのが、雪に閉ざされた、けっして豊かではないニューファンドランドという土地なのだ。厳しい自然に文句を言いながらも、けっしてユーモアを忘れず、クオイル一家に対しても優しい土地の人々が素晴らしく、本当に愛おしくなってくる。これはまさにハルストレムの世界。映画も非常に良かったので、本を読んだら映像でもぜひどうぞ。

 

シッピング・ニュース 特別版 [DVD]
B000068P82

              

2010.8.11 台風4号は日本海から東北に進むコースのようだ。今日はとても蒸し暑い。今読んでる「はやぶさの大冒険」、やっぱりおもしろい。知らないことがいっぱいあってドキドキしちゃう。

 

◎応援クリックぜひ1つお願いします。他の書評へもここからどうぞ!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

人気ブログランキングへ