また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【本の雑誌】2012年度「本の雑誌」上半期ベスト10、発表!

本の雑誌350号 本の雑誌350号

本の雑誌社 2012-07-11
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 さて、「本の雑誌」の2012上半期ベストテンです。もう発表しても問題ないでしょう。

 

1マイクロワールド/M・クライトン&R・プレストン

2小野寺の弟・小野寺の姉/西田征史

3雪と珊瑚と/梨木香歩 

4海翁伝/土居良一

5紙の月/角田光代 

6夜をぶっとばせ/井上荒野

7湿地/A・インドリダソン 

8刑務所なう。/堀江貴文

9GO!GO!アリゲーターズ/山本幸久 

10岳飛伝/北方謙三

 

 あひゃぁ~、昨年の上半期はけっこう読んでる本があったのに、今年はまったくないなぁ。しかも、僕のアンテナに引っかかってたものも少ない。座談会を読んで気になったのは西田征史の「小野寺の弟・小野寺の姉」と角田光代「紙の月」。この2冊はぜひ読みたい。今月が350号記念特大号の「本の雑誌」。これだけじゃなく、平松洋子「オールタイムベストテン」や角田光代「図書カード三万円使い放題」など気になる記事がイッパイ。ぜひ、一読を!!!





マイクロワールド (上) (ハヤカワ・ノヴェルズ) 小野寺の弟・小野寺の姉 (リンダブックス) 雪と珊瑚と 海翁伝 (講談社文庫) 紙の月

夜をぶっとばせ 湿地 刑務所なう。 GO! GO! アリゲーターズ 岳飛伝 一 三霊の章

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキングへ