また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2013.6/2週)

 では、出た本。あ〜、これは出てるのに気が付かなかった。「リトル・フォレスト」「海獣の子供」の漫画家、五十嵐大介の初絵本「人魚のうたがきこえる」。装幀を見ると「海獣の子供」のイメージに近い感じ。あのコミックも素晴らしかったからなぁ。これはぜひぜひ読みたい!雲田はるこの「昭和元禄 落語心中」、このブログでもパチパチしましたが、やっと4巻が出ます。で、4巻が出るだけならここには載せないのだけれど、なぁ〜んと通常版の他に手ぬぐい付きの特装版も!手ぬぐいは雲田自身のオリジナルデザインとか。しかし、この値段…ううむ。

 

 さて、出る本。最近、津村記久子のファンになった僕にとっては大変うれしい、「アレグリアとは仕事ができない」(6/10)ちくま文庫で文庫化です。アレグリアって、ううむ、コピー機らしい。

 

◯「落語心中」4巻の詳細はこちらから。

◯「落語心中」の僕の書評こちら

 

 

人魚のうたがきこえる
(こどもプレス)

五十嵐大介
4781607756
昭和元禄落語心中(4)
(昭和元禄落語心中 (4))

雲田 はるこ
4063806316
昭和元禄落語心中 4
([特装版コミック])

雲田 はるこ
4063584402

アレグリアとは仕事はできない (ちくま文庫 つ 16-2)
津村 記久子
448043075X

 

              

2013.6.8 さてと、AKBどうなるんでしょうね?と、関心があるフリをしてみる。読書はまだ、「土屋耕一のことばの遊び場」。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ