また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【書評】宮部みゆき「ペテロの葬列」-さすが宮部みゆき。構成の巧さ!広がる闇の深さ!

 

ペテロの葬列 ペテロの葬列
宮部 みゆき

集英社 2013-12-20
売り上げランキング : 1205

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

  「誰か」「名もなき毒」に続く杉村三郎を主人公にしたシリーズの第3弾。彼が日本でも名高い今多コンツェルンのムコ殿であることがこの物語の大きなポイントであることは間違いない(妻は外腹の娘だけど)。しかも杉村は会長室直属のグループ広報室に勤務している。

 

 宮部みゆきはさすがに巧い。杉村が乗ったバスがバスジャックにあうのが発端なのだが、この事件に早々に決着を付け、次に大きく展開していく、この辺りの構成が何とも見事だ。あまり詳細を書くとおもしろくなくなってしまうから書かないが、物語は「悪」の連鎖が起こり、被害者と加害者の関係が崩れ、大きな闇が広がっていく。その闇の深さ!ここにはまさに、人間の愚かさ、悲しさ、おかしさがあり、ネット社会を含めたこの世の中の危うさがある。 

 

 ただ、個人的にはここで取り上げられた題材は少し古いような気がしたし、作者にしては珍しく偶然性が多いストーリーになってるのが残念だ。リアル、を感じない部分がある。

 

 さらに、誰もが驚くであろうラスト!作者自身、この主人公を愛しながらもどこかで息苦しさを感じていたのかもしれない。これだと当然、続編があるわけだが、どういうスタイルになるのか、非常に楽しみだ。

 

◯この本は2014年7月、小学館文庫で文庫化されました。

 ◯宮部みゆきのその他の本のレビューや情報はこちら

 2014.2.17 雪かきした雪が家の前にたくさん残っている。水曜、木曜にまた雪の予報。やれやれ。五輪はカーリングばかり見てる。読書は越谷オサム「陽だまりの彼女」。これおもしろくなるのだろうか?不安。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ