また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【映像化】明日から!ドラマ「55歳からのハローライフ」、NHK総合で

55歳からのハローライフ (幻冬舎文庫) 55歳からのハローライフ (幻冬舎文庫)
村上 龍

幻冬舎 2014-04-10
売り上げランキング : 555

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 前に紹介した村上龍原作のドラマ「55歳からのハローライフ」が明日からNHK総合で5回連続で始まります。毎週土曜日午後9時から。ずっと言ってますが、原作は今イチ。でも、ドラマは出演者もなかなかだし、ちょっと期待してます。村上さんがFacebookの中でコメントを書いていたので、ちょっと長いですが、それを紹介。

 

「話題は変わりますが、来週14日から、NHK土曜ドラマで、『55歳か

らのハローライフ』が、5週連続でオンエアされます。

http://www.nhk.or.jp/dodra/hellolife/index.html

 

第1話『キャンピングカー』を事前に見せてもらいましたが、NHKら

しくないというか、ものすごくエッジが効いた作品になっていて、驚

きました。

 

脚本(大森寿美男・映画『昭和歌謡大全集』の脚本家、&川﨑いづみ)

がすごく良かったので、出来はある程度予想していたのですが、演出、

音楽、役者の演技、すべて、ほとんど完璧でした。

 

ドラマなので、原作にはないアレンジがありますが、それも、わたし

が伝えたかったことを正確に把握し、強調した形になっているので、

気にならないどころか、感心しました。

 

しかし、リリー・フランキーという人は、独特の演技をします。『キ

ャンピングカー』は、DVDで、3回も観てしまいましたが、3回目に、

誰かに似てると感じました。抑制された演技がすばらしく、これは小

津作品の「笠智衆」に通じるものがあると、そう思ったしだいです。

 

第2話『ペットロス』以下、他の作品も、魅力的な俳優がそろってい

ます。楽しみです。

 

口幅ったいことを言うようですが、もし小津が現代に生きていたら、

こういう作品を撮ったのではないか、そんなことも考えました。」

(Facebook「村上龍電子本製作所」6.12のコメント一部抜粋)

 

 

 ううむ。小津とか笠智衆とか出てくると気になりますね。そんなこと言わなくても、リリー・フランキーはいいけどね。とりあえず、期待!

 

○「55歳からのハローライフ」、僕の書評はこちら。


 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

他の書評ブログもここから。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ