また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【コミック】大島弓子「キャットニップ」-あの「グーグーだって猫である」が帰ってきたっ!!

 

キャットニップ キャットニップ
大島 弓子

小学館 2014-10-01
売り上げランキング : 1204

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 映画にもドラマにもなった「グーグーだって猫である」は愛猫グーグーの死で終った。続編はないんだろうな、と思っていたらなぁ〜んと、「キャットニップ」のタイトルで戻ってきた。本当にうれしい。「グーグー」と何か変わったのか、と問われれば、何も変わっていない。相変わらずのエッセイコミック!相変わらずの猫たちとの狂乱の日々である。

 

 最初に「うちには12匹の猫がいます」と書かれていて仰天する。さらに大島さんチの周りにはノラ猫がたくさんいる。彼女はその世話もしっかりとしちゃうのだ。ノラに食事を与える。その代わりに、時々彼らを捕獲して自費で避妊手術を受けさせる。このことだけでもスゴいなぁ、とうなってしまう。大島弓子、本当に猫好きなんだなぁ。

 

 「グーグー」と同様に、この本の中でも何匹も猫が死に、病気になり、さらに何匹ものノラと仲良くなる。大島さんがおかしいのは、これだけ家猫がいるのにそのノラたちに「うちの猫になりな」と声をかけてしまうところだ。なんだかすごい。「キャットニップ」を読んでると何度も泣きそうになる。そして、わが家の犬がさらにさらに愛おしくなった。「1」なんだから続きもあるんだな。うれしいぞ。

 

 

 2014.11.17 さて、今週が正念場。やるっきゃない。読書はジュンパ・ラヒリ「低地」。この人は本当にうまいなぁ。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

他の書評ブログもここから。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ