また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【BOOK NEWS】紀伊國屋書店、村上春樹「職業としての小説家」初刷9万冊買い切り!

職業としての小説家 (Switch library) 職業としての小説家 (Switch library)
村上春樹

スイッチパブリッシング 2015-09-10
売り上げランキング : 8

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 9月10日発売予定の村上春樹「職業としての小説家」、なんと紀伊國屋書店が初刷10万のうち9万冊を買い切ったらしい。最初は、その9万を紀伊國屋書店が独占販売するのかと思い、えええええっ、と驚いたのだが、そういうことではないらしい。

 

 一番の目的は「対ネット書店」。こまかいことは下のリンクを見てもらいたいのですが、「注目の新刊書をリアル書店に広く行きわたらせ、国内の書店が一丸となって販売する」ということらしいです。だから、他のリアル書店にはちゃんと配本されます。

 

 この春樹本、雑誌「MONKEY」で連載していた「村上春樹私的講演録」を下敷きに150枚の書き下ろしを加えたもので、創作のこと、小説家としての人生、文学賞のこと、日本という国についてなど彼自身の思いが綴られたもので、話題になるのは間違いなし。僕も買う、なぁ。

 

 というわけで、紀伊國屋書店のこの試み、どういう結果を生み出し、どういう未来へとつながっていくのか、かなり気になるところです。

 

 ところで、2010年の雑誌「考える人」夏号に掲載された「村上春樹ロングインタビュー」は単行本にならないのかな。これも彼の肉声が伝わるいいインタビューだったのに。聞き手は当時の編集長で今は小説家の松家仁之。あっ、まだアマゾンで売ってる。これは必読!!!

 

考える人 2010年 08月号 [雑誌]
B003T0LLEW

 

◯紀伊國屋書店の買切ニュースはこちらとかこちらで。

◯村上春樹の他の本のレビューはこちら

 

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

他の書評ブログもここから。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ