また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2016.1/4週)

僕には歌があるはずだ
有元 利夫 装丁: 葛西薫
4861525071
人間晩年図巻 1990-94年
関川 夏央
4000611399
夜を乗り越える (小学館新書)
又吉 直樹
4098235013

 

 さて、出た本。有元利夫の没後30周年記念出版の作品集「僕には歌があるはずだ」出ました。65点を収録、葛西薫が装丁を担当してるのがうれしい。舟越桂、小池昌代が寄稿。有元さんの絵は大好き、欲しいなぁ。関川夏央「人間晩年図巻1990-94年」も出てました。うわぁ〜これって山田風太郎の名著「人間臨終図巻」の衣鉢を継ぐ新たな試みだ。とりあげられているのは、田中角栄、アイルトン・セナ、長谷川町子、「風船おじさん」などなど。6月には「1995-99」編が出る。岩波書店のホームページで連載してる最近のものが読めるのだけど、大変リキが入ってて素晴らしい。これ、読みたい。

 

 出る本。小学館新書から又吉直樹の「夜を乗り越える」(6/1)出ます。「火花」の創作秘話や「なぜ本を読むのか」「文学の何がおもしろいのか」などなど。これ、ちょっと関心あり。読むかも。

 

 

◯「人間晩年図巻」の岩波書店ホームページでの連載はこちら

◯これまでの「出る本、出た本」はこちらでまとめて

 

 

2016.5.30 今日は少し肌寒いような天気。今はこれぐらいでいいけどなぁ。読書、原田マハの「暗幕のゲルニカ」が終わったところ。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

他の書評ブログもここから。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ