また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【書評】北村薫「中野のお父さん」-ちょっと軽めの謎解きが楽しい安楽椅子探偵もの

 

 円紫さんシリーズ、ベッキーさんシリーズなどの推理作家北村薫の新しい名探偵シリーズ。探偵になるのは定年間近の高校の国語の先生、主人公である出版社の編集者田川美希の父親だ。娘が会社で起こった出来事や仄聞した事件、謎などを実家に持ち帰り話すと、博識の父親が見事に解決しちゃうといういわゆるアームチェア・ディテクティブ(安楽椅子探偵)ものだ。

 

 全8編が収録されていてひとつひとつはそれほど長くはない。個人的には、新人賞候補になった小説の作者に美希が電話すると「投稿したのは、一昨年」と言われる冒頭の作品「夢の風車」と雑誌に載った「宝くじおばさん」の家に泥棒が入り空くじと知っていながら奪っていくというラストの一編「数の魔術」が好き。どちらも謎が軽めの短編だ。これぐらい軽いので全編まとめるのもいいと思うのだけれど…。

 

 北村薫という作家は大変な博識だと思う。特に文学についての知識は素晴らしい。しかし、やや知の部分が勝ちすぎていてそれが鼻についちゃう作品も時々ある。いやいやそれがいいのよ、という人も文学好きには多いかもしれない。この本でいうなら宝井其角や幸田露伴、落語や歌舞伎へと話が広がっていく「闇の吉原」はそういう一編だろう。なんだかんだといいながら僕もそういうのも楽しく読むのだけれど、同時にちょっとなぁ、と思ったりもするのだ。さて、皆さんはどうですか?

 

 

◯北村薫のその他の本のレビューはこちら

 

 

2016.6.15 舛添氏、辞職するらしい。ちゃんと百条委員会開いて真相究明を図って欲しい。読書は盛田隆二「父よ、ロング・グッドバイ」。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

他の書評ブログもここから。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ