読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!(2016.10/4週)

 出た本。話題ですね。「天地明察」「光圀伝」等の冲方丁の新作「十二人の死にたい子どもたち」。著者初の長編ミステリーです。廃業した病院に集まった12人の子どもたち。彼らの目的はみんなで安楽死すること。しかし…。シドニー・ルメットの傑作映画「十二人の怒れる男」が思い起こされるタイトルとストーリー。気になる一冊。

 

 今週は出た本のみで後の2冊は伊藤若冲関連。河治和香の小説「遊戯神通 伊藤若冲、出てました。これはかなりおもしろいアプローチなので若冲ファンは必読かも。僕も読んでみたいです。著者の河治和香さんにも興味あり。

 

   辻惟雄若冲の花」若冲最晩年の傑作といわれる京都・信行寺の「花卉(かき)図天井画」全167点を収録したもの。NHKスペシャルでも紹介されていました。これ、去年初めて一般公開されましたが、普段は非公開。天井画なので細部まではしっかり見ることができないので、接写で見せてくれているこの本はとてもうれしいです。解説も充実しているようで見応え、読み応えたっぷり!買いそう。

 

 2016.10.20 今日は夏みたいな暑さだった。ドラフト、え〜っ、投手が欲しいんじゃないの???読書は川上弘美「大きな鳥にさらわれないよう」。

 

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ