読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!(2016.12/2週)

 さて、出た本。大好きなヨシタケシンスケの新刊「なつみはなんにでもなれる」、出てました。なつみが何かの真似をしてお母さんがそれを当てる、という趣向が絵本になってる。なるほどなるほど、これはおもしろいでしょう。期待!

 

 もう一冊、原田マハ「総理の夫」が文庫に。原田さんの小説はアート系を中心に読んでいるので、これは未読。史上初の女性&最年少総理、そしてそんな妻を支える鳥類学者の夫。おもしろそうではあるぞ。

 

 雑誌「つるとはな」の4号も出ました。今回の内容もなかなかバラエティに富んでいて読み応えありそう。あ、川上弘美の書き下ろし短編も載ってる!

 


 

 出る本!宮部みゆき「三鬼 三島屋変調百物語四之続」(12/10)が出ます。おおぉぉぉ、うれしいぞ。シリーズ4作目で、1作目「おそろし」も2作目「あんじゅう」も3作目「泣き童子」も文句なくおもしろかった。物の怪を描いても、その中心にいるのはいつも人間。宮部作品に共通する人への思いがこういう恐い話の中にもしっかりとあります。おすすめっ!!

 


 というわけで、今週の注目はこの3冊と雑誌1冊。では、またまたまた!

 

◯これまでの「出る本、出た本」はこちら。


 

2016.12.5  日中はなんだかヘンに暖かい東京。読書は朝井リョウ「何様」が終わって窪美澄「すみなれたからだで」に突入。

 

【書評ランキングに参加中】
ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ