また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2017.10/5-11/1週)

 さて、出た本。小林聡美「ていだん」、出てました。小林さんはキャラクターも魅力だし、話もおもしろいですよね。前にはいろいろな人たちと散歩しながらの話をまとめた「散歩」という本も出しています。今回は鼎談ですから、ゲストの方2人と語り合ったものをまとめたもの。ゲストの36人がなかなかすごいんです。

 

【ゲスト】 井上陽水、川上未映子/小泉武夫、飯島奈美/もたいまさこ、片桐はいり/松岡享子、群ようこ/柳家小三治、酒井順子/長塚圭史、西加奈子/加瀬亮、前田敦子/南伸坊、江戸家小猫/大橋歩、小野塚秋良/宇多喜代子、森下圭子/市川実和子、市川実日子/坂崎千春、坂本美雨/大貫妙子、畠山晶/板谷由夏、平岩紙/白旗眞生、野村友里/役所広司、光石研/甲斐信枝、本上まなみ/石田ゆり子、中谷百里

 

気になる人はぜひぜひ。

 

 さて、出た本をもう一冊。鈴木るりか「さよなら、田中さん」。彼女はなんと14歳の中学生!小学館主催の「12歳の文学賞」で史上初3年連続大賞を受賞したというなんだかすごい人です。あさのあつこ、石田衣良、西原理恵子が大絶賛で発売直後に重版決定、しちゃったらしい。ううむ。特設サイトがあって、全5編のうちの1編が全文読めるのでちょっと見てみてください。いやいや、これは。

 


 

 出る本。大好きな松家仁之の新作「光の犬」(10/31)が出ます。北の町に住む一族三代と北海道犬の話。百年以上の長い時間を描いていた物語のようですが、犬がどのような役割を果すのか気になるところ。あぁ、表紙もいいなぁ。読もう!

 

  北村薫の新作「ヴェネツィア便り」(10/31)も楽しみ。2008年から書き溜められてきたという「時と人」をテーマにした15の短編集。さてさて、どんな物語が収められているのか。北村さんの新作にはいつもドキドキ感があります。

 

 そして、上橋菜穂子さんの新作が2冊。1冊は「ほの暗い永久から出でて」(10/30)。これには「生と死を巡る対話」という副題が付いています。聖路加病院の気鋭の漢方医・津田篤太郎さんとの対談集。アマゾンの紹介の一部を引用してみますね。

 

最愛の母の肺がん判明をきっかけに出会った作家と医者。
二人の話は、身体のシステム、性(セックス)、科学・非科学、自然災害、宗教、音楽、絵画、AI、直感……、漫画から古典、最新の論文にいたるまで縦横無尽に広がっていき、物語の創作の源泉もひもとかれていく。かつてないほど刺激的な思考体験ができる究極の一冊!

 

ううむ、これは気になるなぁ。上橋さんだからこそ聞けた話もありそう。読みたい。

 

 もう1冊は彼女のインタビューやスピーチ、エッセイをまとめた 「物語と歩いてきた道」(11/2)、お気に入りの本700冊のリストも収録されてます。これも気になる!

 

◯これまでの「出る本、出た本」はこちらでまとめて

 

 2017.10.29 何とまたまた台風接近。関東は夜がピークのようです。みなさん、お気をつけて。読書は浅生鴨「猫たちの色メガネ」。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ