また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【絵本】くどうなおこ×松本大洋『「いる」じゃん』-言葉と絵、母と子のコラボ、生きる元気が湧いてくる!

 くどうなおこは詩人だ。81歳になる。そうか、童話作家でもあるのだな。そちらのことはあまり知らない。松本大洋は漫画家でイラストレーターだ。知ってる人も多いだろう。で、この2人、親子である。裏の方の帯にくどうさんの言葉が書かれている。

 

「うれしいなあ。松本大洋との合作って」

 

そうだよなぁ、しかも、こんなに素敵な一冊!帯、表は谷川俊太郎さんと糸井重里さんの言葉

 

スイートな言葉にホットな絵、こんな絵本初めて!ー谷川俊太郎

 

赤んぼうでも、おとなでも好きになる。

ささやくことばと、なでるような絵。ー糸井重里

 

 よさそう。でも、う〜ん、このタイトルには抵抗があった。じゃん、は好きじゃない。それを詩人のくどうさんが…。しかし、しかし、この言葉、絵本の最後の一行なのだけれど、この一行で物語が見事に着地するのだ。すごい。

 

 この絵本の文章はまさに詩だ。言葉だけ読んでも十分にいい。そして、生きる元気がムクムクムクと湧いてくる。あ〜だいじょうぶなんだ、と、あ〜みんなもなんとか生きてるんだ、と。そして、松本大洋の絵!谷川俊太郎との「かないくん」もとてもよかったけれど、これもまたいい。モノクロームに淡く着色された感じがなんとも素敵だ。くどうさんの詩を増幅させて、読む者の心を遥か彼方まで飛ばしてくれる。

 

  そうかそうか、生きてていいんだな。みんなと同じでいいんだな。最後に、お気に入りの数行を。

 

「おはよう」というと

太陽は 今日も ウッス

光で ぼくの ほっぺた つまむ

 

ドアをあけたら

「今日」が やってきた イェイ

「今日」はいつも

はじめて会うように やってくるね

 

くどうなおこ、81歳かよぉ。素晴らしい!

 

○「いる」じゃん原画展があります。行きたいぞ。


○松本大洋「かないくん」もぜひ読んでね!

  2017.11.1 おぉ、11月じゃないかい。国会、とりあえず39日間になってよかった。働け!国会議員。読書は浅生鴨「猫たちの色メガネ」。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ