また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【文学賞】第158回(平成29年下半期)芥川賞は若竹千佐子さん、石井遊佳さん。直木賞は門井慶喜さんに決定!

 決定しました。芥川賞はW受賞。まずは下馬評が高かった若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」。63歳・史上最年長で文藝賞を受賞した作品です。若竹さんは遠野市出身で、昨年受賞した沼田真佑さんに続いて岩手県連続受賞です。そして、石井遊佳(いしい・ゆうか)さんの「百年泥」。これは49回の新潮新人賞受賞作。「百年泥」は、1月24日発売になります。どちらもパチパチパチパチ!

 

◯堀江敏幸選考委員による選考過程の説明

  

◯芥川賞候補作は以下の5作でした。

石井遊佳「百年泥」(新潮11月号)

木村紅美「雪子さんの足音」(群像9月号)

前田司郎「愛が挟み撃ち」(文学界12月号)

宮内悠介「ディレイ・エフェクト」(たべるのがおそいvol.4)

若竹千佐子「おらおらでひとりいぐも」(文芸冬号)

 

  直木賞は門井慶喜さん「銀河鉄道の父」です。宮沢賢治の一生を父の視点から描いた物語。澤田さんに期待していたのですが、門井さん、よかったですね。パチパチパチパチ!そうか、宮沢賢治も岩手の人ですね。

 

◯伊集院静選考委員による選考過程の説明

 

 ◯直木賞候補作は以下の5作でした。

彩瀬まる「くちなし」

伊吹有喜「彼方の友へ」

門井慶喜「銀河鉄道の父」

澤田瞳子「火定(かじょう)」

藤崎彩織「ふたご」

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ