また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.1/5-2/1週)

 さて、出た本。ちくま文庫の「フラナリー・オコナー全短篇 上・下」が復刊されています。もうすぐ公開されるオスカー有力候補の映画「スリー・ビルボード」を読み解く鍵になる代表作「善人はなかなかいない」が上巻に収録されています。映画と本との関係については下のリンク(TBSラジオ「たまむすび」からの収録)「町山智浩『スリー・ビルボード』を語る」を読んでもらうとわかります。フラナリー・オコナーのことが出てくるのは最後の方ですが、町山さんのこの話すごくおもしろいのでぜひぜひ。本も読みたくなりますよ。

 

 

 

 出た本、もう1冊。齋藤圭吾「針と溝 stylus & groove」出ています。これ、レコードの針と溝の写真集なんです。針はともかく溝を接写レンズで撮る、って一体なんなんですかね。誰が買うんでしょ?しかも、これ「本の雑誌社」から出てるんです。うううむ、気になる!詳細はこちら。

 

 

  というわけで、ディープな出た本2冊に続いては、ソフトな出る本を1冊。石田ゆり子「Lily-日々のカケラ」(1/30)出ます。え〜僕、石田さんの文章の大ファンです。この人は本当に巧い!巧いというかすごく魅力的な文章を書くんですよ。僕も一応、書く仕事をしているけれど、平易な文章でとてもじゃないけれどああいう風には書けないなぁ。愛犬との日々を綴った「ほぼ日」の連載はこちらで読めます。

 

はなちゃんシリーズ。 - ほぼ日刊イトイ新聞

 

 この連載をまとめた「はなちゃんの夏休み。」の感想はこちら。本、今は中古ですごく高くなっちゃってますね。

 

 

 

 彼女は今、インスタもやっていますがこれ(yuriyuri1003)もまた楽しいです。あ、新しいエッセイ集の話でした。これ!

 

 21編のエッセイとロングインタビュー、硬軟とりまぜた103のQ&A、そして同居猫ハニオとタビの成長日記などなど、これもぜひぜひ読みたいなぁ。

 

○これまでの「出る本、出た本」はこちらから


2018.1.28 ちょっと雪疲れと寒さ疲れ。来月初め、東京、また雪の可能性も。やめて!読書は町田そのこ「夜空に泳ぐチョコレートグラミー」がそろそろ終わり。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ