また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【BOOK NEWS】「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」、「ざんねんないきもの事典」が1位!

 児童書出版社のポプラ社が70周年を記念して行った「“こどもの本”総選挙」の結果が発表になりました。ベスト10は以下の通り。

 

 1位 今泉忠明監修「ざんねんないきもの事典」

 2位 ヨシタケシンスケ「あるかしら書店」

3位 ヨシタケシンスケ「りんごかもしれない」

4位 今泉忠明監修「続ざんねんないきもの事典」

5位 トロル「おしりたんてい かいとう VS たんてい」

6位 トロル「おしりたんてい いせきからのSOS」

7位 ヨシタケシンスケ「このあとどうしちゃおう」

8位 宗田理作、はしもとしん絵「ぼくらの七日間戦争」

9位 廣嶋玲子作、jyajya絵「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」

10位 ヨシタケシンスケ「りゆうがあります」

  100万部超のベストセラー「ざんねんないきもの事典」はやっぱり強かったですね。僕も読みましたがシンプルで読みやすい作りだったのが、子供たちにも受けたのではないかと思います。パチパチパチパチ!続巻もランクインしていますが、今月末には続々巻が発売されるみたいですよ。

 

 そして、人気のヨシタケシンスケさんが4冊もランクイン!すごいなぁ。僕も大好きで全部読んでいます。ヨシタケワールドが子供たちにも受け入れられているのはすごくうれしいです。

 

 あとは未読ですが本屋さんでよく見かける「おしりたんてい」、名作「ぼくらの七日間戦争」、そして「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」もランクインしました。

 

 この「“こどもの本”総選挙」、書店や小学校、図書館、そしてポプラ社のホームページで「一番好きな本」を募ったところ、12万通以上の応募があったとか。すごい!この企画、5年毎ぐらいにやって欲しいなぁ。

 

◯「“こどもの本”総選挙」の詳しい結果はこちら。100位までのランクが分かります


 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ