また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【文学賞】第6回河合隼雄物語賞に松家仁之「光の犬」、学芸賞には鶴岡真弓「ケルト 再生の思想」

 このブログでも紹介した松家仁之の「光の犬」が第6回河合隼雄物語賞を受賞しました。パチパチパチ!選考委員は、上橋菜穂子、小川洋子、後藤正治、中島京子。このメンバーの選考で選ばれたらうれしいよなぁ。僕の中でもこの小説は今年読んだ中でのベスト。詳しくは下の書評を読んで欲しいのですが、北海道に住むある家族三代の物語。松家さんは静謐な文章で彼らの営みを、そして、それに連なる死を綴っています。これ、多くの人に読んで欲しいなぁ。

 

 

  受賞の言葉や選評は7月7日発売の「新潮」誌上で発表になるそうです。同時に選考された学芸賞は鶴岡真弓「ケルト 再生の思想ーハロウィンからの生命循環」が選ばれました。こちらの選考委員は岩宮恵子、中沢新一、山極寿一、鷲田清一の各氏です。

 

◯河合隼雄物語賞・学芸賞のサイトはこちら


 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ