また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【文学賞】第159回芥川賞・直木賞(平成30年上半期)候補作、決定!松尾スズキ、窪美澄さん他がノミネート

 地震、かなり被害が出ているようで心配。余震にも気をつけて!さて、上半期の芥川賞、直木賞候補作が発表されました。まずは芥川賞。

 

【芥川賞候補】

 

◯古谷田奈月「風下の朱」(早稲田文学初夏号)

◯高橋弘希「送り火」(文學界5月号)

◯北条裕子「美しい顔」(群像6月号)

 

 

◯町屋良平「しき」(文芸夏号)

◯松尾スズキ「もう『はい』としか言えない」(文學界3月号)

 5月に「無限の玄」で三島由紀夫賞を受賞された小谷田奈月(こやたなつき)さんがここでも候補にあがっています。「無限の玄」と候補作の「風下の朱」を1冊にした単行本が7月に出ます。松尾スズキさんは3度目のノミネート。こちらは今月末の発売。さてさて、どれがとるのか?

 

直木賞候補作は珍しく6作です。

 

【直木賞候補】

◯上田早夕里「破壊の王」

◯木下昌輝「宇喜多の楽士」

◯窪美澄「じっと手を見る」

◯島本理生「ファーストラヴ」

◯本城雅人「傍流の記者」

◯湊かなえ「未来」

 

 

  うれしいのはデビュー時からずっと読んでいる窪美澄さんのノミネート。彼女はもっと前に直木賞とってもおかしくないのだけど。「じっと手を見る」はすでに読んでいて既読はこれだけなので、今回は窪さん推しで。選考会は7月18日開催です。

 

◯「じっと手を見る」、僕の書評はこちらです。


 

 【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ