また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【映像化】人気の落語コミック、雲田はるこ「昭和元禄落語心中」が今秋NHKでドラマに!なんとタナダユキが演出

 注目作品のドラマ化が続きますが、アニメにもなった「昭和元禄落語心中」がこの秋、NHK総合でドラマになります。おおおおおっ、これはとても楽しみ!コミックは、全10巻で一昨年完結していますが、累計190万部だって。ドラマ化で200万越えるかな?スゴイ!僕も読みましたが、雲田はるこは、それぞれのキャラクター設定がうまいし、ストーリーテラーとしても見事。彼女自身、落語好きで噺家の世界が丁寧に描かれていてとてもよかったです。

 

 ドラマでは、物語の中心となる八雲役が岡田将生、ライバルの助六が山崎育三郎、与太郎が竜星涼、小夏が成海璃子、みよ吉が大政絢。連続10回で10月12日スタートです。スタッフの中で注目なのが演出の1人に名を連ねているタナダユキ!彼女は、窪美澄原作の「ふがいない僕は空を見た」の映画監督、この映画とてもよかったので今回も期待したいなぁ。脚本は「マッサン」などの羽原大介、落語監修は柳家喬太郎。

 

  落語モノというとドラマでは宮藤官九郎脚本の「タイガー&ドラゴン」、映画では佐藤多佳子原作の「しゃべれどもしゃべれども」を思い出しますが、それぞれ長瀬智也と国分太一というTOKIOのメンバーが駆け出しの落語家を好演していました。今回は岡田将生、山崎育三郎、竜星涼が落語家役。大変だろうなぁ、と思いながらも、秋の放送がとても楽しみです。

 

◯NHKの情報ページはこちら

◯1・2巻読了時に書いた原作の感想はこちら

◯コミックの公式サイトもあります


◯この2つもまた見てみたいぞ!

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ