また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【絵本】「ほぼ日」、糸井重里×ヨシタケシンスケ対談「絵本の懐は深いぞ。」がおもしろかったぞ!

 紹介しようと思ってちょっと時間が経っちゃったのですが、「ほぼ日」で連載された糸井さんと絵本作家ヨシタケシンスケさんの対談「絵本の懐は深いぞ。」、これがなかなかおもしろかったです。この対談は絵本雑誌「MOE」の40周年記念展の記念イベントとして行われたもの。

 

 「MOE」って雑誌のおもしろさは僕も薄々感じていましたが、2人の話を聞いて激しく納得。話はさらに絵本自体の懐の深さ、ヨシタケワールドの話へと進んでいきます。最近は絵本なんて見たことも読んだこともない、という大人の人々にぜひぜひ読んで欲しい対談です。読み終えたらきっと、ヨシタケさんの絵本を手に取ってみたくなりますよ。少しだけ対談からの引用を。

 

 

  『MOE』の持つ懐の深さは、
  実はそのまま「絵本」自体の
  懐の深さでもあるらしいぞと。(ヨシタケ)

 

 

  横尾忠則とヨシタケシンスケは同じ。

  共通して言えるのは

  「自分から何かやりたいと思ったことはない」

  「頼まれるからやる」

  「流れに任せてやる」

  「なんかあんまり考えないでやる」。

   ‥‥で、

  「途中でやめようかなと思ったらやめる」。(糸井)

 

そうなんです。
だからぼくは絵の持ってる不確かな部分を
「悪用」してるんですね(笑)。(ヨシタケ)
すごく冷たい言い方すると
「情のない絵本」なんですよ。
でも「情がない」からこそ、
そのパーツがいろんな表情を見せてくれる。(糸井)

 

    ぼくが絵本作家になって
         いちばんビックリしたのもそこで、
       「絵本って、やっちゃいけないことが
          こんなにないんだ!」
         という。(ヨシタケ)

 

 

         その話を聞いても、やっぱり絵本は、
         ポピュラーソングに似てるなあ。(糸井)

 

 

◯対談ページはこちら。全5回です


◯絵本雑誌「MOE」のHP。最新号にはヨシタケさんの新作絵本が付録に

 

 

◯ヨシタケさんの絵本の中では特にこの辺りが好き!感想書いてます

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ