また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【コミック】「谷口ジロー 描くよろこび」-これは谷口ジローファンならば絶対に持っておきたい1冊!

 フランスを中心に欧州でも人気があるコミック作家谷口ジロー。これは彼のファンならば絶対に持っておきたい、平凡社のビジュアルブックシリーズ「コロナ・ブックス」から出た一冊だ。


 前半は「原画ギャラリー」と題して、亡くなるまでの彼の活躍を3期に分けて紹介している。これ、まさに「原画」で、フキダシに写植がそのまま貼ってあったり、鉛筆での様々な書き込みなどもあって見ていてとても楽しい。もちろん、彼の絵のすごさも堪能できる。所々に入っているエッセイも多彩で中身が濃い。原田宗典、久住昌之、夢枕獏、川上弘美の「原作者より」、夏目房之介らの「論考」、竹中直人ほかの「私と”谷口ジロー”」、短いながらも読み応えがある文章が収録されている。

 

  特に心惹かれるのが「谷口ジローはもっと評価されねばならない」というタイトルの夏目房之介の論考だ。物語マンガBD(バンド・デシネ=絵の帯)としてフランスやスペイン、イタリアで評価されたこと。それは、知的な大人の「グラフィック・ノベル」としてのものだったこと、などなど谷口漫画が世界を魅了する理由がしっかりと分かる。人となりが伝わる松本大洋のインタビューもいい。

 

 さらに、谷口さんの本棚の完全リスト化、仕事場の図解、略年譜、発表作品の初出誌&単行本データと至れり尽くせりの内容。巻末には幻のデビュー作「声にならない鳥のうた」まで収録されている。ううむ、これは本当にすごいぞ!コロナ・ブックス、えらいっ!

 

◯谷口ジローのコミックの感想や情報はこちらから

 

2018.12.16 ちょっとうれしいことなどがあり、浮かれてる。読書は宮部みゆき「昨日がなければ明日もない」

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ