また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、新刊案内など、本関連の最新ニュースを中心にお届けします。

【書評】朝井リョウ「どうしても生きてる」-ここで描かれているのは今の時代のどうしようもない生きづらさだ

Amazonで探す

楽天ブックスで探す

 

 6つの物語からなる短編集。コンセプトがハッキリしていてかなり中身が濃い。どれも今を生きている人々の心にストレートに届く物語だ。朝井リョウはデビュー作からずっと読んでいるが前作「死にがいを求めて生きている」前後から、人間を見つめるその深度が増してきている。これからさらに目が離せない作家になるだろう。

 

 どれも心をえぐる物語だけど「いつだって少しだけ死にたいように」「いつだって少しだけ生きたい自分がいる」と主人公の女性が語る「健やかな論理」はまさにこの小説集の冒頭を飾るにふさわしい話だ。彼女はネットのニュースで見かけた死亡者の身元をSNSで特定することを趣味にしている。なぜ彼女はそんなことを続けているのか?

 

続きを読む

【ドラマ】さて2020冬ドラマは何を見る?期待薄の感じだったのだけど、あれあれあれっ?

 昨年末の秋ドラはなかなか充実していたのですが、冬ドラ、どうなんでしょう?う〜ん、個人的にはぴんと来るドラマが少ないなぁ。あくまで個人的な意見なので、いやいやそんなことない!と思う人もいるかもしれませんが。

 

 さてさてさて行きますよ。のっけから深夜枠!しかも、テレビ東京系で申し訳ない?のですが金曜深夜、ドラマ24枠の「コタキ兄弟と四苦八苦」、チョー気になります。脚本が「逃げ恥」「アンナチュラル」の野木亜紀子!!!!!!監督が「ハード・コア」などの山下敦弘。兄弟が古舘寛治、滝藤憲一、さらに芳根京子、宮藤官九郎、市川実日子、門脇麦、小林薫他という豪華キャスト。無職の兄弟がレンタルおやじを始める話みたいですが、これは本当に楽しみ!!ちなみに40分枠での放送です。


 TBS系日曜劇場の「テセウスの船」にも注目。これミステリーなんですが、原作は「モーニング」で連載されていた東元俊哉の同名漫画なんですね。小説かと思ってた。タイムスリップものにはなぜかすご〜く弱いので確実に見ちゃいます。主演は竹内涼真。鈴木亮平、榮倉奈々、安藤政信、上野樹里、ユースケ・サンタマリア他とこれまた豪華キャスト。

 
 日テレ系の「トップナイフ」は「天才脳外科医の条件」というサブタイトルが付いています。主演は天海祐希。脚本はNHKの朝ドラを蹴飛ばした林宏司。林さんは「コード・ブルー」など医療ものには定評がある脚本家です。脳外科医、というのも気になるところ。共演は椎名桔平、広瀬アリス、永山絢斗、三浦友和他。


続きを読む

【ラジオCM】第13回文化放送ラジオCMコンテスト、ノミネートされました

f:id:okuu:20191229083632p:plain

 

 大晦日の放送、聞きましたか?っていうか、大晦日はやっぱりいろいろ慌ただしく、僕もちょっと買い物に出たりして一部ライブ、一部は録音したもので聞きました。当日、「現場」にもいたのですけどね。

 

 で、僕の結果は、東京ガスコミニュケーションズの課題でノミネートされましたが、受賞はできませんでした。去年グランプリをもらって、今年の第一目標はノミネートされること、だったのでノミネートの報告をもらった時はすごく嬉しかったです。ま、応募総数18,813作品の中の33作に選ばれたわけだから喜んでいいとは思うのですが、選ばれたからには上を、と思ってしまうのが人の常。でも、ま、しょうがない。選ばれた作品も予想だにしていない作品だったので、諦めもつきます。皆さん、連続ノミネートだけでもすごい、と言ってくれたので、そう思うことにしました。

 

 今回、会場では知ってる人に多く会って一緒に聞いていたのですが、ラジオCMならこの人!という柴田賢一さんと宣伝会議賞ですごい記録を残して卒業した北海道の三上智広さんが優秀賞(各課題3作の中のトップ)に選ばれました。パチパチパチ!詳しい結果はこちらから。

続きを読む

今年もよろしくお願いします!さてさて、2019→2020、年越し本は?

f:id:okuu:20200103093535j:plain


 明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

 

 さて、2019から2020への年越し本は小野不由美十二国記シリーズ「白銀の墟 玄の月」第3巻でした。今、半分ぐらいかな?まだ、最後の4巻があるのでそれを読み終えたら、次は宮部みゆき、三島屋変調百物語の6巻目「黒武御神火御殿」を読む予定です。ま、今年もマイペースで面白い本を読んで紹介できればと思っています。

 

◯年末に昨年のマイベストを発表しました。見てね!

 

 

 【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

 

決定!2019マイベストブック!!!!

 2019マイベストブック、決定しました。なんとか年内に発表できてよかったぁ。でもこういうのって決める時の気分でかなり変わるような気がします。あと、読んだ直後の感想と時間が経ってからの評価が違う物語も多いです。ま、そのあたりがこういうランキングを決めるおもしろさでもあるのですが。では、1位から!

*それぞれの表紙からアマゾンに飛べます。その下が僕の書評へのリンクです

 

1川上未映子「夏物語」


 ナンバーワンは文句なしで川上未映子さん「夏物語」。芥川賞受賞作をリライトしたものを冒頭に置くというのはそれだけでも勇気がいること。でも、この試みが文句なしに「効いている」。とにかくパワフルで女性の身体性にグイグイと迫り、読者に様々なことを問いかけてくる。女の人はもちろんだけど男性にもぜひぜひ読んでもらいたい傑作です。

 

2位以下は次の通り。

続きを読む

【広告コンペ】今年の文化放送ラジオCMコンテスト、放送は31日朝11時からの放送です。ぜひぜひ聴いてね!

 

f:id:okuu:20191229083632p:plain


  さてさて今年もやってきましたよ。文化放送のラジオCMコンテスト。ラジオCMコンペの最高峰です。去年はクリスマスイブの放送でしたが、今年はなんと大晦日!あわただしい31日の放送がいいのか、って感じもしないではないですが、とにもかくにも11時から13時まで2時間の放送になります。

 

 このコンテスト、今年13回目で応募総数は18,813作品だったそうです。課題によって多い少ないはあるとは思いますが、全11課題ですから各課題1700作ぐらいの中からファイナリスト各3作が選ばれ、グランプリを競います。

 

 31日の放送では、この11課題各3作品全33のラジオCMが紹介され、その中からリスナー大賞、審査員賞(5作)、そしてグランプリ作品が発表になります。審査員は常連の中島信也さん、谷山雅計さん、児島玲子さん、近藤浩章さん。今年のゲスト審査員はあの武井壮さんです。青二プロの声優の皆さんがその場でCMを演じるのもこのコンテストのスゴイところです。

 

  文化放送の番組はラジオはもちろんのこと、ネットやスマホでも聴けます。去年はなぜかヘンにリキが入っていろいろ紹介したので、それに一部手を入れて聴取法などお知らせしますね。

 

続きを読む

【ドラマ】2019-2020年末年始はスペシャルドラマが大変だっっっ!

 ううむ、これほどスペシャルドラマが充実した年末年始があったでしょうか?嬉しいけど、ずっと観ている海外ドラマの録画がいろいろ溜まっているのでこれを休み中になんとかしたかったのだけど。これだけ観たいのがあるとちょっと無理かなぁ。

 

で、まずは年末。12月30日にNHK総合でこれがあります。

 

 「ストレンジャー〜上海の芥川龍之介〜」大正10年、当時29歳だった芥川龍之介が新聞の特派員として上海を訪れ、動乱のさなかにある中国とその精神世界に分け入っていくという物語。芥川には松田龍平、脚本が「カーネーション」などの渡辺あや。これは楽しみだなぁ。30日21時から73分。

 

 さて、ニューイヤー!元旦は「きのう何食べた?正月スペシャル2020」あります。テレビ東京系22時から23時半まで。レギュラーメンバー総出演ですが、史郎の憧れの女優・三谷まみ役でなんと宮沢りえ出ます!ううむ。


  元旦朝の9時から16時まで「イッキ見スペシャル」もありますよ。観なかった人、また観たい人はぜひぜひ!

 

  1月2日は「義母と娘のブルース2020年謹賀新年スペシャル」!2018年の人気ドラマ「ギボムス」が帰ってきます。あれから1年後という設定。TBS系21時から90分。脚本はもちろん森下佳子です。サイトを見ると赤ちゃんがいるけど、これはいったい…。


こちらも大晦日と2日に「全話一挙放送スペシャル」があります。

 

 

 1月3日には「半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ 狙われた半沢直樹のパスワード」の放送があります。TBS系23時15分から0時55分まで。半沢直樹イヤー、って大きく出てますが、春ドラマで帰ってくるんですよね「半沢直樹」。で、このエピソードゼロには堺雅人は出ません。クレジットなしでちょっとぐらい出るかもしれないけれど。主演は「なつぞら 」が好評だった吉沢亮。舞台は前作で半沢が出向を命じられた子会社・東京セントラル証券。はてさて、どんな話なのか。


続きを読む

【絵本/感想】ヨシタケシンスケ 「わたしのわごむはわたさない」-輪ゴム一つで思いが広がる想像力絵本の傑作

ヨシタケシンスケ 「わたしのわごむはわたさない


 家の中に輪ゴムが落ちてるのを見つけた女の子。喜び勇んでお母さんにおねだりする。「ねぇ このわごむ、わたしに ちょうだい!」、お母さんは「ああ。ドーゾ。」とそっけないが、女の子は大喜び!なぜならずっと欲しかったのだ。「わたしだけのもの」が。

 

 というわけで始まった「わたし」と「わごむ」のハネムーン!一緒にお風呂に入ったり、夜も一緒にベッドイン。さらにさらに夢は広がる。大人になったらこの輪ゴムでお洒落をしたいし、もらったたくさんのラブレターをこの輪ゴムで束ねたい。ケガをしたら腕を吊ったり、トレーニングにも利用できそう。輪ゴム一つでどんなところにもひとっ飛び。好きなところに行くことができる!

 

続きを読む

【映像化】「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」、始まりました!「この世界の片隅に」とは別物(らしい)!!

 さてさて、先週金曜日から「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」公開が始まりました。友人の中にはもう観に行った人もいるようですが、僕は難聴で日本語字幕版じゃないと難しいのですが、字幕版は来年になってからしか始まらないらしい。まぁ、しょうがない。年明けの楽しみに。上映時間は最後の最後まで編集して結局168分。「この世界の片隅に」より40分近く長くなっています。

 

 でも、ただの長尺版やディレクターズカット版とは違っていて、これはもう「別物」という感想が多いです。片渕監督は「新作」と言ってます。前作にも登場したリンさんとの関係がさらに深く描かれ、主人公のすずさんがさらにめんどくさい人物になったみたいですが、これはこうの史代さんの原作にさらに近づいたような気がしてなんだかうれしいです。ま、感想は観てから。いろいろリンクを貼ってみたので興味がある人は読んでみてください。

 

◯公式ホームページはこちら


 ◯前作との違いはこの片渕監督のインタビューが分かりやすいです

続きを読む

【絵本】第12回MOE絵本屋さん大賞は竹下文子×町田尚子「なまえのないねこ」、絵本大賞で3冠獲得です!!

 第1位竹下文子・町田尚子「なまえのないねこ」

 

 第12回の「MOE絵本屋さん大賞 」、去年までヨシタケシンスケさんが4連覇していたのですが、今年は竹下文子さんが文章を書き、町田尚子さんが絵を描いた「なまえのないねこ 」が大賞に輝きました。パチパチパチ!「なまえのないねこ」、このブログでも紹介した「リブロ絵本大賞」、そして「未来屋えほん大賞」に続いて絵本大賞3冠です。僕も読んで感想を書いてるので読んでみてください。猫好きはもちろんのことそうではない人にもおすすめ!

 


 2位以下は次の通り。ヨシタケさん残念ながら2位でしたが2冊ランクインです。さすが!

 

続きを読む

【書評】原田マハ「美しき愚かものたちのタブロー 」-国立西洋美術館が誇る松方コレクションの数奇な運命を辿る物語


 これは上野にある国立西洋美術館のコレクションの基礎となっている松方コレクションとそれを集めた「こよなく絵画(タブロー)を愛した稀代のコレクター」松方幸次郎の物語だ。話の舞台になるのは2つの時代。1つは日本を代表する美術史家・田代雄一が第二次世界大戦後、フランス政府に接収され国内に留め置かれている松方のコレクションを取り戻すため、交渉人としてパリに赴いた1953年の話。もう1つは1921年から始まる回想の物語だ。

 

 回想の物語で語られるのは若き田代が「自分は美術はわからん」という松方に招かれ、パリで画廊巡りをし、絵画や彫刻、家具などを買い集める手助けをする話だ。川崎造船所の初代社長であった経済人の松方が第一次世界大戦中のロンドンで美術関係者の熱い思いに突き動かされる形で日本初の西洋絵画のための美術館作りを決意。コレクターになっていくプロセスはモネ本人との出会いやゴッホの「アルルの寝室」との邂逅などスケールが大きく痛快でなんともおもしろい。

 

 しかし、この回想部分はそれだけでは終わらない。当時パリで松方の助手だった日置との1953年の再会、日置の数奇な運命と共に語られる松方コレクションのその後。ロダン美術館に保管されていたコレクションを守るため、第二次世界大戦中、ドイツ占領下のフランスで日置が絵画を隠し、守り抜いた話はスリリングで読み応えがある。

 

 さて、松方コレクションは無事奪回できたのか?フランスから出されたリストにはハイライトともいえる21点が含まれていなかったのだが…。結末はぜひ読んでもらいたいが、ここには松方幸次郎という男の生涯と彼が情熱を傾けた松方コレクションの運命が仔細に描かれていて読む者を飽きさせない。原田マハのアート小説はやっぱりいいなぁ。第161回直木賞候補作品。
DATA◆原田マハ「美しき愚かものたちのタブロー 」(文藝春秋)1,650円(税別)

 

 ◯勝手に帯コピー(僕が考えた帯のコピーです)

 

国立西洋美術館が誇る松方コレクションの誕生秘話

名画を愛した男がいた。

それを守り抜いた男がいた。

 

2019.12.18  いろいろ終わってホッと一息。あとは大掃除などなど!読書は朝井リョウの「どうしても生きてる」。

 

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

【文学賞】第162回芥川賞・直木賞(令和元年下半期)候補作、発表!ううむ、あんまりよく分からない

 今年下半期の芥川賞、直木賞候補作が発表になりました。芥川賞、ううむ、名前は聞いたことあるけれどちょっと分からない人ばかり。高尾さん、古川さんは芥川賞候補になっていますね。

 

【芥川賞候補】

 ◯木村友祐「幼な子の聖戦」(すばる11月号)1/24発売

◯髙尾長良「音に聞く」(文學界9月号)

◯千葉雅也 「デッドライン」(新潮 9月号)

◯乗代雄介「最高の任務」(群像12月号)1/13日発売

◯古川真人「背高泡立草」(すばる10月号)1/24日発売

 

 発売されているのは哲学者の千葉さんの「デッドライン」のみで他は来月以降の発売になるようです。さて、受賞作は?

 

 直木賞、前回は6作全員が女性ということで話題になりましたが、今回は湊かなえさんを除いた4人が初ノミネート。誉田哲也はベストセラー作家ですが、初めてなんですね。

 

【直木賞候補】

 ◯小川哲「噓と正典」 

 

◯川越宗一 「熱源」

 

◯呉勝浩「スワン」

 

◯誉田哲也「背中の蜘蛛」

 

◯湊かなえ 「落日」 

 

 う〜ん、こちらも読んだことがある人が少なくて全然分からない。湊さんは4度目の候補。そろそろなのかな、という気もしますが。選考会は1月15日。まぁ、結果を楽しみに待ちたいです。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

【コミック/感想】大島弓子「キャットニップ3」-猫コミックならやっぱりコレ。猫まみれの日々がうらやましい!

大島弓子「キャットニップ3」


 大島弓子の猫エッセイコミック「キャットニップ」の新刊が出た。前シリーズの「グーグーだって猫である」は、2000年から2011年まで続いてその間に全6巻出たのだけど、主人公猫グーグーの死で終わってしまった。続編としてこの「キャットニップ」がスタートしたのが2014年。これはうれしかったなぁ。

 

 「キャットニップ」は、2巻が2017年、そして先月この3巻が発売ということになるのだけど、内容的には全然変わってない。大島さんと飼い猫&外猫たちとの喧騒の日々だ。仕事する暇?があるのかな、と思うぐらいの猫まみれの毎日。うらやましい!飼い猫は1巻の時には12匹もいたのだけど現在では6匹。「でも少しもラクにならないのはなぜに?」と大島さんは嘆いている。まぁ、その答えは読めば分かるわけです。

 

続きを読む

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!またまたヨシタケシンスケの新刊、イタリアの小説、文學界1月号も!(2019.12/2週)

 ドメニコ・スタルノーネ「靴ひも」

 

  さて、出た本。新潮社のクレスト・ブックスからドメニコ・スタルノーネ「靴ひも」出ました。これはですねぇ、このブログでも紹介しているジュンパ・ラヒリが惚れ込んで英訳し、アメリカで「ニューヨーク・タイムズ」の「2017年注目の本」に選ばれるなど高い評価を受けたイタリア小説です。内容はアマゾンの紹介から

 

老夫婦が夏のヴァカンスから自宅に戻ると、留守宅が何者かに荒らされていた。家具は倒され、あらゆるものが散乱し、猫が姿を消している。困惑する夫が目にしたのは、40年前、夫が家を出たことをなじる妻からの手紙の束。決して癒えることのなかった過去の傷跡が、次第に浮き彫りにされてゆく。家族はどこへ向かうのか―

 

 ううむ、ちょっとこれは気になるなぁ。ジュンパ・ラヒリは信頼できる小説家だし。読んでみたいぞ。

 

 出た雑誌。「文學界」の1月号、今村夏子の新作も気になるけど、又吉直樹と宇多田ヒカルはどんな話をしたのだろう?読みたい!!

 

 「文學界」2019年1月号

 

 さて、出る本。ヨシタケシンスケ 「ものは言いよう」(12/11)出ます。アマゾンの紹介文はこちら!

 

続きを読む

【BOOK NEWS】明日夜10時からのNHK Eテレ「SWITCHインタビュー達人達」は「ヨシタケシンスケ×梅佳代」!

 ううううむ、これはこれは!どっちもファンなんでとてもうれしいぞ。絵本作家のヨシタケシンスケさんと写真家の梅佳代さんが語り合う1時間。どちらも既成のジャンルに新風を吹き込んだ改革者同士。どんな話が聞けるのかとても楽しみです。番組ホームページはこちら!

 

 

 

 ヨシタケさん、新刊が立て続けに発売になってますが、12月にあと1冊出る予定。来週紹介します。梅佳代さんは「白い犬」がやたらと好き。

 

◯今年はこれがよかったぞ!

◯「白い犬」、まだ見てない人はぜひぜひ!

 

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ