また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、新刊案内など、本関連の最新ニュースを中心にお届けします。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!、村田沙耶香文庫化二題「変半身」と「となりの脳世界」、中編集とエッセイ!(2021.11/2週)

【エッセイ/書評】ブレイディみかこ「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2」-いやいやいややっぱりこれはおもしろい!息子の成長も驚くばかり!

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!、関川夏央「人間晩年図巻」第3弾!死をめぐる絵本シリーズの第2弾も注目!(2021.11/1週)

 

 出る本、関川夏央「人間晩年図巻2000-03年」(11/1)出ます。あ、今日だ。関川さんの傑作「人間臨終図巻」の衣鉢を継ぐシリーズの第3弾。今まで「1990-94年」「1995-99年」が出ています。さて、今回はどんな人の晩年が。アマゾンの紹介文から。

 

同時代人への哀惜をこめ、感傷に流れず過去を検証する。著者畢生の「晩年図巻」シリーズ待望の続編は、〈ミレニアム〉に湧き立った二〇〇〇年から、誰もが言葉を失った二〇一一年三月一一日まで、平成中期に世を去った八〇人の晩年を描き出す。本巻には元祖『人間臨終図巻』の山田風太郎、古今亭志ん朝、張学良、ナンシー関らを収録。

 

これ1〜2巻もまだ未読なんだけど読みたいなぁ。いろいろ気になる!

続きを読む

【文学賞】第12回山田風太郎賞決定しました!米澤穂信さんの「黒牢城」、パチパチパチ!

 

 山田風太郎賞、米澤穂信さんの「黒牢城」に決定しました。読んでないのに推しだった「スモールワールズ」は残念!いずれにしも米澤さん、パチパチパチ!ミステリー読みではないので米澤さんの作品は「満願」ぐらいしか読んでないのですが、今回はなんと歴史物なんですね。アマゾンの紹介文を!

続きを読む

【書評】山本文緒「ばにらさま」ー山本文緒さん最後の短編集は女性を主役にした6つの物語。彼女の小説、まだまだ読みたかった

 

 亡くなった山本文緒さん最後の1冊は短編集。とは言っても表題作の雑誌掲載は2008年、一番新しいのが「20×20」の2015年なので最新のものとはいえない。これからまだ未発表作品が本になるのだろうか。なるのならすごくうれしいのだけど。

続きを読む

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!辻村深月のホラーミステリー「闇祓」はどうだ!「谷口ジローコレクション」、原田マハ「常設展示室」文庫化、も(2021.10/5週)

 

 出る本、辻村深月「闇祓(やみはら)」(10/29)出ます。辻村さん初の本格ホラーミステリー!!ううむ。アマゾンの紹介文を。

 

あいつらが来ると、人が死ぬ。 辻村深月、初の本格ホラーミステリ長編!

「うちのクラスの転校生は何かがおかしい――」
クラスになじめない転校生・要に、親切に接する委員長・澪。
しかし、そんな彼女に要は不審な態度で迫る。
唐突に「今日、家に行っていい?」と尋ねたり、家の周りに出没したり……。
ヤバい行動を繰り返す要に恐怖を覚えた澪は憧れの先輩・神原に助けを求めるが――。
身近にある名前を持たない悪意が増殖し、迫ってくる。一気読みエンタテインメント!

 

おぉ、なんだかこれ読みたいぞ。辻村ワールドは一筋縄ではいかないからなぁ。

◯特設サイト、あります!

【絵本/賞】しおたにまみこさんの「たまごのはなし」が第28回ブラチスラバ世界絵本原画展で金牌を受賞!!!

 

 おぉ、パチパチパチ!しおたにまみこさんの「たまごのはなし」、タイトルはよく見かけていたのですが未読です。しおたにさん初めての絵童話。ブロンズ新社の紹介文を!

本書は、デビュー作で「第11回MOE絵本屋さん大賞新人賞第2位」を受賞し注目をあつめる絵本作家、しおたにまみこさん初の絵童話です。

主人公は、ある日突然めざめた「たまご」。初めて動いたり、考えたりするなかで、自分の言葉で話すことを獲得していきます。ちょっとクセの強いたまごが繰り広げる物語は、シュールでユーモアたっぷり。たまごが何気なく発する一言や疑問が、読み手の思考を刺激してくれます。子どもはもちろん、大人も楽しめる作品です。
木炭鉛筆で繊細に描かれた絵にもぜひご注目ください。

続きを読む