また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【書評】絲山秋子「ばかもの」-不器用な男と女、彼らは生きたいと願い、愛したいと思った

 

 絲山秋子という小説家の素晴らしいところ、それは文体をそれぞれの内容に合わせてガラリと変えてくること。リアルなストーリーの中にもどこか不思議さが漂っていること。いずれにしても彼女が時代を代表する小説家の一人であることは間違いない。

 

 さて、「ばかもの」である。主人公の2人、ヒデと額子は2度出会う。若い頃の最初の出会いはただただ互いが欲しかっただけ。そして10年以上たった2度目の出会い、それもやはり互いが欲しかっただけ。でも、その「欲しがりよう」がまるで違うのだ。絶望しそこから何とかはいあがり、ふたたび求め合った2人。男はアル中になり、女は片腕を失い…。それでも2人は生きたいと思い、愛する人を必要とし、不器用ながらも互いを求めた。その結果としての再会。

 

 ラストの川のシーンが何ともいい。笑い声とかすかな希望、命の躍動、本当に本当に少しだけど明日への希望が生まれた男と女。その明るさがそこまで読んできた読者を救う。ヒデが時々口にする「想像上の人物」というのがすごくおもしろい。その不思議さも物語に奥行きを生み出している。

 

 ◎「ばかもの」は2010年10月、新潮文庫で文庫化されました。

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ