また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【書評】三崎亜記「コロヨシ!!」-青春スポーツ小説!競技は「掃除」???

 三崎亜記は現実をちょっとズラした世界を作り、そのズレの中にリアリティを生み出すユニークな作家だ。そんな三崎が、なんと青春スポーツ小説に挑戦。しかも、競技が「掃除」というのだから、デビュー作から全て読んでいる身としては読まないわけにはいかない。

 

 さて、その「掃除」だが、長物(ながもの)という道具を使い、舞い上げた塵芥を回収するという採点競技。しかも、この競技、なぜか「国家保安局」の管理下にあり、高校の掃除部に入ると特定管理スポーツ従事者名簿なんてものに登録されてしまう。なんだか謎の多いスポーツ?なのだ。うたい文句は、スポーツもの、青春もの、ではあるけれど「国家統制のスポーツ」というのは従来の三崎ワールド。けっしてこれ、新境地ではない。今までの作品に登場する「居留地」「西域」なんて場所も登場する。初めて三崎亜記を読む人にとっては、物語の世界を広めるうえで有効なのだろうが、ずっと読んでいる人間にとっては反対に世界を狭めてるようで「それはもういいから」と言いたくなってしまう。

 

 主人公は高校生、藤代樹。彼の周りにも謎が多く、物語が進むに連れてさらに謎は深まる。本当に物語が動きだし、おもしろくなるのは少しだけ謎が解け、さらに多くの謎が生まれる最終盤。これからって時に終ってしまうのだが、なんと続編があるらしい。そうかぁ…、では続編に期待!あっ、コロヨシは「頃良し」。「掃除」開始時の一声!

 

◎「コロヨシ!!」は2011年12月、角川文庫で文庫化されました。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ