また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【書評】恩田陸「夜のピクニック」-これぞ真夜中の青春!夜を徹して歩く「歩行祭」という舞台設定が素晴らしい

 第2回の本屋大賞を取っている恩田陸の傑作青春小説「夜のピクニック」。これはもう、設定勝ち、だよなぁ。高校生活の最後を飾るイベント、全校生徒が夜を徹して80キロを歩く「歩行祭」の一日が舞台。物語はその日の朝に始まり翌朝のゴールで終わる。

 

 そのほとんどが主人公たちが歩き続ける場面なのだ。歩く彼らに寄り添うように、僕たち読者も80キロの道のりを歩いていく。ふだんは何も起こらなくても、こういう特殊なイベントだと何かが起こる。修学旅行でもいいかもしれない。でも、「歩行祭」は夜の闇の中。設定勝ち、というのはこのことだ。メインの話と脇の話のメリハリの付け方、このあたりにも恩田陸という作家のうまさが光る。そして、キャラクターの造形。あ~こういうヤツいたよなぁ、と思わずつぶやいてしまう級友たちがいい味を出している。

 

 主人公甲田貴子の密かな賭け、3年間誰にも言えなかった秘密をこの歩行祭の間に清算できるか。これがメインのテーマ。告白?さて、どうなんでしょう、う~む。とはいえ、彼らは青春のまっただ中。恋の話はあちらこちらで、そして、生きる悩みなど様々なことが語られる。いろいろいろいろある長い夜、そして、彼らはたどり着く、朝の陽射しがいっぱいに降り注ぐゴールへ。

 

 それにしても青春だなぁ、恩田マジックですっかり自分の高校時代に思いをはせてしまった。ただ、嫉妬まじりで言っちゃうと、こんなにクレバーで心優しい高校生なんて今どきいるのだろうか?いやいや、ここに登場する高校生たち、僕は大好きなんだけどさ。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ