また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2011.1/4週)

 さてさて、本屋大賞のノミネートも出そろいましたね。ま、僕としてはマイベストである「ふがいない僕は空を見た」が入ってるんでこれを大プッシュしたいです。大賞、取れるぞ!そういえば作者の窪美澄の新作が「小説新潮」最新号に掲載されてました。お~読みたい。

 

 というわけでこれが気になる出た本の一冊目。あとは角田光代の「八日目の蝉」、中公文庫で文庫化です。これは傑作なのでまだの人はぜひ。あ、映画化されるんだぁ。誘拐犯が永作博美で成長した少女の役が井上真央、おぉ少し期待。あとは川上弘美の「東京日記3 ナマズの幸運」も出ましたね。1、2と読んでますがヘナヘナ感がたまりません。イラストもいい。

 

 出る本、1冊、しかもコミックですが「夏子の酒」などでおなじみの尾瀬あきらさんが落語の世界を描く「どうらく息子」(1/28)。第一巻がいよいよ明日発売です。これはねぇ、読みたいっ!僕は雑誌で漫画を読まないので評価はわからないけど大期待!監修に今注目の若手落語家柳家三三が入ってます。実は2月後半にあの人やあの人の新作が出るのでドキドキなのだけど、まだちょいと早いのでそのうち、ね。

 







小説新潮 2011年 02月号 [雑誌]
B004GY3URG
八日目の蝉 (中公文庫)
角田 光代
4122054257







東京日記3 ナマズの幸運。
川上 弘美
4582834981
どうらく息子 1 (ビッグコミックス)
尾瀬 あきら
4091835708

 

             

2011.1.27 実は去年の今頃、このブログは本格スタートしたのでした。1年かぁ、だいぶ来てくれる人も増えて喜んでおります。積ん読本は山のようにあり、素材には事欠きませんが、なにせ読むのが遅くって。ま、これからもがんばりますので、どうぞどうぞよろしく!

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ