また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2011.2/3週)

 はいはいはい、またこのコーナーがやってまいりました。では、まずは出た本、というか出た雑誌。「Number」のアジア杯特集、これは重版されました。オシムの全6試合分析もあるしもう買うしかないでしょ。さらに、今日発売の「BRUTUS」桑田佳祐特集。アルバムも出るしね。もちろんこれも買いますよっ。

 

 本の方はすでに単行本を紹介したカズオ・イシグロの「夜想曲集」が文庫になりました。じっくり読ませる小説らしい小説です。

 

 出る本の方ですが、2月下旬はすごいんです。絲山秋子、小川洋子、宮部みゆきの新作が出ます。一気に紹介したいのだけど、書影が出てなかったり、小川さんのはアマゾンにまだ掲載もないので、とりあえず絲山さんの本だけを。「末裔」(2/16)、妻を亡くした悲しみから立ち直れない58歳の地方公務員の話です。絲山秋子は現代文学で非常に大切な作家だと僕は思ってるので、これは読むし、皆さんにも読んで欲しいです。

 

 小川洋子「人質の朗読会」(2/25)、宮部みゆきの「ばんば憑き」(3/1)は項を改めて。あ、それからここで紹介した「昔日の客」の夏葉社さんからもうれしいニュースが。これもまた今度。ではではでは。

 

SPORTS GRAPHIC NUMBER2011 年

2/24 号 2011アジアカップ 雑誌
B004KSRCZY

BRUTUS (ブルータス) 2011年 3/1号 [雑誌]
B004M46OBE





夜想曲集 (ハヤカワepi文庫)
カズオ イシグロ 土屋 政雄
4151200630
末裔
絲山 秋子
4062167379

          

 

2011.2.15 いやいやいやぁ、昨日の雪はすごかったですねぇ。今日、晴れたからよかったけど。あ、そうだ、小説「いちばんここに似合う人」のマルチアーティスト、ミランダ・ジュライの監督作「君とボクの虹色の世界」が17日の深夜NHKのBS2で放映されます。興味がある人はぜひ。紹介はこちら

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ