また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2012.3/4週)

 まず、出た本。書評を書いた本が文庫化されました。小林信彦の「黒澤明という時代」。これは映画ファン必読!黒澤映画をリアルタイムで見てきた著者だからこそ書けた一冊です。まずは書評を。昨日発表になった今年の「マンガ大賞」で気になったのが雲田はるこ「昭和元禄 落語心中」。2巻まで出てるらしい。これは読みたいなぁ。買おう!

 

 出る本は、そうそうそう、ついに「1Q84」(3/26)の文庫が発売に。まずはBOOK1が前編・後編2冊で。こちらを見て欲しいのだけど装幀が凝ってる。単行本より好き。なんだか欲しくなっちゃって困るぞ。もう一冊は立川志らくの「談志のことば」(3/24)。これは買わねば。おっ、今日発売???というわけで、今回はこのへんで。

 

黒澤明という時代 (文春文庫)
小林 信彦
4167256290
昭和元禄落語心中(1) (KCx ITAN)
雲田 はるこ
406380514X
昭和元禄落語心中(2) (KCx(ITAN))
雲田 はるこ
4063805549
1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)
村上 春樹
4101001596
  1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉後編 (新潮文庫)
村上 春樹
410100160X
談志のことば
立川志らく
4198633657

               ◯ ◯

 

2012.3.24 冬ドラマ、「最後から二番目の恋」と「運命の人」はなかなかおもしろかった。春はあまり見たいのがない。読書は佐藤正午「きみは誤解している」を終えて、朝井リョウ「少女は卒業しない」。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ