また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2013.8/4週)

 さぁ〜て、出た本。平松洋子監修という「ドアノーの贈りもの 田舎の結婚式」が気になってる。パリを中心に普通の人々の日常をとらえた写真で有名なロベール・ドアノー。彼の生誕100年を記念して作られたこの写真集は、1951年の若い男女の結婚式を撮ったもの。表紙からなんだかもういい感じ。ちょっと見てみたい。

 

 「西荻窪の古本屋さん 音羽館の日々と仕事」はぜひぜひ読みたい一冊。音羽館、いいんだよなぁ。行ったことがある人はみんな言うもんなぁ。欲しい本が絶対にある。これ、本の雑誌社から、っていうのもいいぞ。そして、もう一冊、岡康道「夏の果て」。広告業界ではトップクリエーターとして知らない人はいない岡さん。彼の自伝的小説というから興味津々。その才能は並大抵ではないから、伊集院静などとつい比べたくなってしまう。期待度大、だっ。

 

 そしてそして、出る本。いやぁぁぁぁぁぁ、待ってました。雑誌に発表された時から、今か今かと。デビュー作「火山のふもとで」が本当に素晴らしかった松家仁之の二作目「沈むフランシス」(9/30)。ううむ、北海道が舞台か…。タイトルもいい!表紙もいい!絶対に買いだっっっっ!

 

ドアノーの贈りもの 田舎の結婚式
ロベール・ドアノー 平松 洋子
4309274412
西荻窪の古本屋さん 音羽館の日々と仕事
広瀬 洋一
4860112466
夏の果て
岡 康道
4093863660
沈むフランシス
松家 仁之
4103328126

              

 

2013.9.26 いやいやいや、いろいろありますなぁ。読書は、綿矢りさ「大地のゲーム」がそろそろ終わりそう。うううううむ。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。他の書評ブログもここから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ