また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2016.2/4週)

小説家の四季
佐藤 正午
400061102X
「まっすぐ」
橋口亮輔
4907276494
陽気なお葬式
リュドミラ・ウリツカヤ
4105901249
軽薄
金原 ひとみ
4103045345
永遠とは違う一日
押切 もえ
4103399317

 

 さてさて出る本。佐藤正午「小説家の四季」(2/24)、出ます。岩波のwebで連載されていたエッセイですね。佐藤さんのエッセイはなかなかのおもしろさ、期待っ!もうひとつエッセイ。映画「恋人たち」がキネ旬ベストテンでも1位に輝いた橋口亮輔監督の「まっすぐ」(2/26)。これも気になる1冊。ワークショップのこと、俳優たちのこと、映画人との交流などなど。これは読みたいなぁ。

 

 出る小説は3冊、ロシアの人気作家リュドミラ・ウリツカヤは僕も大好き!最新作「陽気なお葬式」(2/26)はニューヨークの亡命ロシア人たちの話らしい。期待度大!金原ひとみ「軽薄」(2/26)も出ます。あまり読んでないけれどこの人の小説は好きだなぁ。最後は押切もえ「永遠とは違う一日」(2/26)。小説家じゃない人が書く小説はいつも気になります。これ、意外と好評みたいですよ。実際はどうなのかなぁ、読んでみるかなぁ。ううむ。

 

 

◯これまでの「出る本、出た本」はこちらでまとめて

 

2016.2.23 更新滞り気味ですみません。なんだかいろいろとあります。読書は、宮下奈都「羊と鋼の森」を読み始める前に片岡義男「コーヒーにドーナツ盤、黒いニットのタイ。」を。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ