また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【絵本】夢枕貘×松本大洋「こんとん」-文章もすごい、絵もすごい、元々の話もすごい!いやいやこれはとにかくすごい

  いやいやいやいや、これはすごいなぁ。すごすぎる。こんとん、って元々は中国の神話に出て来る怪物のことで、この絵本で語られる通りの話があるらしい。さらに後半部の帝が訪れる話はあの「荘子」の中で語られているという。こういう話が生まれちゃう昔々の中国が、まずすごい。そして、その話を独特の文体で新たな物語に仕立て上げた夢枕獏がすごい。

 

 さらにさらに、こんとんという怪物を具現化し、物語にキュートな絵をつけた松本大洋もすごい。すごい×すごい×すごいで、一体どれぐらいすごいのかわからなくなっちゃう。で、「こんとん」ってどんな話?「こんとん」って何?
 
 うむ、こんとんについては実はあまりよく分かっていない。犬のような姿で長い毛が生えてる、ってことも、目も耳も鼻も口もない、ってことも…ほんとなんだかどうなんだか。ただ一つ確かなことは

 

こんとんのやつ

いつも 空を みて

笑っているんだなあ。

 

 それだけ。で、このこんとんのところに南の海の帝と北の海の帝がやってきて、ね。

 

  あ〜もうこのあとは言いたくないの。で、こんとんの話なのだけど、これはつまりは人の話、僕と君とみんなの話。最後はしっかり泣いてしまう。とにもかくにも読んで欲しい。読んだらきみも思うだろう。いやいやいや、すごいぞこれは。


DATA ◆夢枕貘:文 松本大洋:絵「こんとん」(偕成社)1600円(税別)

 

◯マイ帯コピー〈僕が考えた帯のコピーです〉

目もなく耳もないのに、きみは何を見ていたのだろう?

こんとんは、いつも空を

みあげて笑っていたという。

 

◯松本大洋の絵本はこの2つも好き!

  

2019.3.15  なんだか時間をうまく使えない日々。あ〜もったいない。読書はピーター・スワンソン「そしてミランダを殺す」。

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ