また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2019.5/5週)

 出た本。荻上チキ、ヨシタケシンスケ著の「みらいめがね それでは息がつまるので」出ました。ヨシタケさんはイラストも描いています。これ「暮らしの手帖」で連載されてたものなのですね。「一つのテーマを二人の視点から解き明かす新感覚エッセイ」とアマゾンの内容紹介にあります。で、そのテーマとは?

 

<目次>
まえがき 荻上チキ

女の子の生き方

誰もが笑いあえる社会

人生病、リハビリ中

ヨルダンに行きました

アルバイト雑感

母の思いと僕

今の仕事に巡り合うまで

僕の声とラジオ

「呪いの言葉」に向き合う

健康ゲームに目覚める

人生に必要な場所

あちこちを歩き、話を聞く

タクシーと人生

いたるところに教材あり

生きづらさを取り除け

あとがき ヨシタケシンスケ

 

 

 あぁ、なんだか良いですね。これ読みたいな。荻上さんは「サンデーモーニング」にも出演されていて気になっている人です。うむ。

 

  もう一冊、出た本。村山由佳「晴れときどき猫背、そして、もみじへ」、も出ました。前回「もみじの言い分」の感想を書いたばかりですが、これは2002年に出たものの新装コンプリート版。写真も一新、コメントも新たに追加されているみたいです。今さらながらのもみじファンとしては、これも読まないと。

 

  そして、出る本。原田マハ「美しき愚かものたちのタブロー」(5/31)出ます。これは「週刊文春」に連載されていた小説。国立西洋美術館の礎となった松方コレクションの話のようです。ちょうど6月から国立西洋美術館開館60周年記念と題して「松方コレクション展」が始まるので、それに合わせての出版だと思いますが、ううむ、興味あるなぁ。原田さんのアート小説は大好きです。

 

◯松方コレクション展についてはこちらを

 

 2019.5.26 いいんですか、いいんですか、こんなに暑くて。イヤだ…。読書は窪美澄「トリニティ」。

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ