また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2019.7/5-8/1週)

 このブログで外国の小説を紹介するのは珍しいのだけど、「ケイトが恐れるすべて」(7/30)は、「そしてミランダを殺す」のピーター・スワンソンの新作なので読まないわけにはいかない。まずはアマゾンの内容紹介を。

 

ロンドンに住むケイトは、又従兄のコービンと住まいを交換し、半年間ボストンで暮らすことにする。だが到着の翌日に、アパートメントの隣室の女性の死体が発見される。女性の友人と名乗る男や向かいの棟の住人の話では、彼女とコービンは恋人同士だが、まわりに秘密にしていたという。そしてコービンはケイトに女性との関係を否定する。嘘をついているのは誰なのか? 第二部で真相が明かされた瞬間に第一部を思い返し、驚きで戦慄する――。『そしてミランダを殺す』の著者が放つ衝撃作!

 

 あぁ、これもスワンソンらしい物語。ドキドキ!「ミランダ」読んでない人は「ミランダ」もぜひ読んで!この人の「才能」が分かります。僕の書評はこちら!

 

  「ほぼ日」編の「岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。」(7/30)も出ます。任天堂の元社長で55歳という若さで亡くなった岩田聡さんの言葉をまとめた本。「ほぼ日」での糸井さんとの対談はよく読んでいましたがいろいろ印象的な話がありました。岩田さんをよく知る任天堂の宮本茂さんと岩田さんと仲良しだった糸井さんの特別インタビューも収録。気になる一冊です。読む!

 

◯詳しくはこちらから。ほぼ日で買うと特典もあります

 

 

  「星野源 ふたりきりで話そう」(7/31)は「星野源 音楽の話をしよう」に続くアエラ連載の対談をまとめたもの。今回もまたまたうれしいメンバー。連載でカットした部分も入ってます。ゲストは以下の通り。

 

MIKIKO/日村勇紀/香取慎吾/石田ゆり子/友近
山岸聖太/渡辺直美/吉田ユニ/坂口健太郎
三浦大知/中村七之助

 

 もう一冊、脚本家・木皿泉のエッセイ集「ぱくりぱくられし」(8/1)も出ます。木皿ドラマの名セリフを引用しつつ、創作の秘密や影響を受けた作品などにも言及した一冊。幻のデビュー作「け・へら・へら」も収録されてます。

 

2019.7.28 暑さに超弱い私です。読書は川上未映子「夏物語」、小説は終わりそうだけど夏は始まったばかり。とほほ。

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ