また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【絵本】第10回リブロ絵本大賞は竹下文子/ 町田尚子「なまえのないねこ」に決定!

 ちょっと遅くなりましたが、リブロ絵本大賞が少し前に発表されていました。今年の大賞は竹下文子さん文、町田尚子さん絵の「なまえのないねこ」!パチパチパチ!この賞は、リブロ・よむよむ・パルコブックセンターの児童書担当者が選ぶ「最もおすすめしたい絵本」で、今年10回目。2018年8月から2019年7月の間に刊行されたものの中から選ばれています。

 

 町田さんはこのブログで「ねことねこ 」を紹介したばかり。ううむ、表紙の猫もいいなぁ。どんな内容かアマゾンの紹介文を引用してみます。

 

商店街で暮らす1ぴきの野良猫は、八百屋や書店、パン屋、蕎麦屋、喫茶店などの飼い猫たちが、みんな持っている「名前」に憧れている。
ある日、お寺の猫に「自分で好きな名前をつければいいじゃない」と言われ、名前を探すことに。
街をさまよいながら名前を探す野良猫が見つけた「ほんとうに欲しかったもの」とは?
愛猫家で猫が主人公の作品を多く発表している作家と、同じく愛猫家で猫の絵が人気の画家による猫愛に溢れた絵本。

 

 なるほど、これちょっと気になるので読んでみようっと!今年は10周年記念ということで特別賞も選ばれています。シゲタサヤカさんの「たべものやさんしりとりたいかいかいさいします」。しりとり絵本のようです。

 

 

  入賞作は以下の8点です。酒井駒子さんが絵を描いた「ねえさんといもうと」とヨシタケシンスケさんの「ころべばいいのに」は僕も読んでいて感想を書いています。どちらも大好き!「みずとはなんじゃ?」は、かこさとしさんが最後に手がけた絵本。他の絵本では「おどりたいの」が絵がきれいでちょっと気になりました。いずれにしても絵本ワールドは多種多彩で楽しいなぁ。これからもいろいろ紹介していきますね。

 

◯シャーロット・ゾロトウ・酒井駒子 「ねえさんといもうと」の感想はこちら

◯ヨシタケシンスケ 「ころべばいいのに」の感想はこちらです

 ◯詳細はこちらからリンクにとんでください

 

 【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ