また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊! 大島弓子、「文學界」「MOE」の最新号!(2019.11/3週)

大島弓子「キャットニップ3」

 

 さて、出る本。大島弓子の「グーグーだって猫である」の続編シリーズ「キャットニップ3」(11/14)出ます。ご自身も猫好きの角田光代さんがこのシリーズに対してこんなことをコメントしています。

 

《このシリーズは私にとって、言葉を持たない生きものと暮らすための指南書であり、いのちを知るための哲学書であり、愛についての啓蒙書である》--角田光代

 

 ですな、ですな、ですな。で、3巻、猫たちも歳をとり1日に2度も病院に行くこともあるとか。そんな喧騒の日々が描かれています。ネコエッセイマンガの最高峰!もちろん、買う!!

 

  あとは出た雑誌2つ。「文學界」12月号は第一特集が「村上春樹・作家生活40年」、連作短編「一人称単数」の6にあたる「謝肉祭(Carnaval」)も掲載されています。単行本化まだかなぁ。

 

 
 話は逸れますがこの「文學界」の表紙を描いている柳智之さんいいですよねぇ。ちょっと好き。彼のサイトがあるので紹介しておきます。


 もう一冊、「MOE」の12月号は特集が「エドワード・ゴーリー」、知ってますか?このちょっとヘンでちょっと不思議な絵本作家、大好きです。他に「十二国記」の特集もあって見逃せない一冊。付録はヒグチユウコ「ラブレター」ポストカード!
 

 
 あっ、展覧会「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」もやってるんだよなぁ。練馬区美術館。近そうで遠い。ううむ。

 
2019.11.11  東京地方もだいぶ寒くなってきました。大きなコンペも終わったし、もう少し読書の時間が取れるかな?本は小野不由美の十二国記シリーズ「白銀の墟 玄の月 第1巻」が終わりそう。

 

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ