また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評・感想、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。

【本の雑誌】2019年度「本の雑誌」年間ベスト10、発表!さてさて去年のベスト1は??

 さて、年も明けたし、「本の雑誌」のベストは検索で訪ねてくる人も多いので発表しますね。「本の雑誌が選ぶ2019年度ベスト10」、さてさて第1位は?(それぞれアマゾンにリンクしています)

 

1 宇佐美まこと「展望台のラプンツェル」

 

2 K・W・ジョンソン「大英自然史博物館 珍鳥標本盗難事件」

 

3 井上荒野「あちらにいる鬼」

 

4 宮内悠介「偶然の聖地」

 

5 島崎今日子「森瑤子の帽子」

 

6 森功「地面師」

 

7 大石明弘「太陽のかけら」

 

8 池内紀「東海道ふたり旅 道の文化史」

 

9 渡辺佑基「進化の法則は北極のサメが知っていた」

 

10  青山七恵「私の家」

 
別格 横山秀夫「ノースライト」

 

  う〜ん、1位の宇佐美まこと「展望台のラプンツェル」、あまり話題になっていなかったのでちょっと驚きました。辛い話らしい。でも、3つの話が並行して進んで行ってあるところで交わる。その展開がスゴイらしいです。あとは10位の青山七恵「私の家」。家という概念のあやふやさを的確に捉えている、というコメント。これは読みたいなぁ。あとは井上光晴とその妻、そして、瀬戸内寂聴の物語を井上の娘、井上荒野が書いた「あちらにいる鬼」も関心はあるけれど、読まないだろうなぁ。

 

 横山秀夫「ノースライト」が別格になっていますが、以前「64」を別格で外したので今回も「別格」ということらしい。まぁ、ミステリーでは昨年のベストですよね。って読んでないけど。

 

 小説読みなので物語以外が半分というのはちょっとつまらない。ただ「大英自然史博物館 珍鳥標本盗難事件」と「森瑤子の帽子」はおもしろそう。

 

 詳細は「本の雑誌」1月号でぜひ。SF、ミステリー、時代小説、現代文学、ノンフィクション、エンターテインメントなど各分野のベスト10も載っています。もうすぐ2月号が出ちゃう!

 

 

◯これまでの「本の雑誌」ベストテン関連の記事はこちら

◯僕の2019年間マイベストの発表も読んでみてください


【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ