また、本の話をしてる

おすすめ本の紹介や書評、新刊案内など、本関連の最新ニュースを中心にお届けします。

【ドラマ】春はコロナでヘロヘロになったけど…極私的テレビドラマ大賞2020、ベスト1は??

 コロナで春は再放送ばっかり見ていた気がする。「逃げ恥」とか「野ブタ」とか「愛していると…」とか。でも、ま、決めました2020ベストドラマ。いつも言ってることだけど、自分の見たドラマだけのベストなので本当に極私的。でも発表したいのよね、ドラマーなので。で、1位!う〜ん1位と2位は本当に迷いましたがこちらに!

 

1知らなくていいコト

 吉高由里子主演の日テレ系の冬ドラマ。雑誌の編集部を舞台にした話ですが、主人公ケイトの出生の秘密やカメラマンで元カレの尾高との関係などを絡ませながらスキャンダルを追う編集部の様子を描いていてすごくおもしろかった。吉高由里子と柄本祐の2人が最高!これ、大石静の脚本なんだよなぁ。ううむ。2位以下は次の通り!

 

 2 心の傷を癒すということ 

3 レンタルなんもしない人 

4 半沢直樹 

5 姉ちゃんの恋人 

6 監察医 朝顔2

7 共演NG 

8 アンサング・シンデレラ 

9MIU404 

10 スカーレット サイト終了
10  ~台湾エクスプレス〜


特別枠(地上波以外のドラマ、スペシャルドラマから)鉄の骨(WOWOW) 


 

 「心の傷を癒すということ」は神戸の震災で自ら被災しながらも心のケアに奔走した精神科医の実話。この主役も柄本祐。柄本祐いいなぁ。深夜帯の「レンタルなんもしない人」も実在の人物の話だが、原作以上にドラマはよく出来ていた。主役のNEWS増田貴久がサイコー!これ続きが見たいぞ。「半沢直樹」、まぁこれは1位でもいいんだけどこのあたりに。堺雅人はもちろんスゴイけど、歌舞伎陣がなんだかトンデモなかった。「姉ちゃんの恋人」、やっぱり有村架純は強い。う〜ん強い!

 

 「監察医 朝顔2」はシーズン1を見てなかったのでちょうど再放送があった1を見てから遅れ気味に2を。そうか、こういう話だったのか。ベースにある朝顔の母の行方不明が強い(これは冬ドラマに続きます)。「共演NG」は全6回と短かかったのだけど、テレビ界の裏側に迫って十分なおもしろさ。「アンサング・シンデレラ」は珍しい病院薬剤師の話。石原ひとみをメインにした薬剤師チームがすごくよかった。

 

 「MIU404」は綾野剛×星野源の刑事ものバディ。シリアスな問題にも切り込んでいて見応えがあった。朝ドラの「スカーレット」も好きだったなぁ。戸田恵梨香、好演!「路〜台湾エスクプレス」は台湾新幹線完成までを描いた波瑠主演のドラマ。これもよかった。どちらも落とせず10位に。WOWOWでやった「鉄の骨」は池井戸潤の同名小説のドラマ化。建設会社の談合の話。これチョット忘れられないなぁ。

 

 コロナの影響でリモートドラマなるものも登場。ランクインはしなかったけど、その中で記憶に残ったのがWOWOWでやった大泉洋×吉田羊、岡田惠和脚本の「2020年 五月の恋」。離婚した元夫婦が間違い電話で繋がっちゃって、という話。あ、これまだ無料で見られる。興味ある人はぜひ!

【 東京ドラマアウォード2020単発ドラマ部門優秀賞受賞記念!】吉田羊×大泉洋「2020年 五月の恋」全4話 期間限定 無料配信中 - YouTube

 

さらに、男女優賞なども

 ○ベスト男優賞 柄本祐(心の傷を癒すということ・知らなくていいコト)
○ベスト女優賞 有村架純(姉ちゃんの恋人)
○ベスト助演男優賞 佐々木蔵之介(知らなくていいコト)
○ベスト助演女優賞 水野美紀(スカーレット)

 

 柄本祐、1位と2位のドラマでいい仕事していたので文句なしの選出。堺雅人や増田貴久、綾野剛と星野源も候補でした。波瑠や戸田恵梨香も候補だったベスト女優は有村架純に。ううむ、この人の女優力ってすごいと思いません?若いのにすごいよなぁ。助演男優賞は「知らなくていいコト」で編集長をやった佐々木蔵之介に。これはもうドンピシャの役!半沢直樹のあの人やこの人も候補でした。候補が多くて困った助演女優賞。「アンサング・シンデレラ」の真矢みきや桜井ユキ、西野七瀬。「姉ちゃんの恋人」の小池栄子もよかった。でもでも「スカーレット」の水野美紀が素敵だった。ああいう役あんまり回ってこないと思うけど、すごくよかったぞ。

 

 というわけで今年も長い!すみません。コロナで春ドラのスタートが遅れた時はどうなることかと思ったけど。まぁ、とにかく、これからもドラマだな。オイラはずっとドラマー!来年もいいドラマに出会えますように。

 

◯これまでの極私的テレビドラマ大賞はこちらから

  

【書評ランキングに参加中】

ランキングに参加中。押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ